50代からのお気楽山登り

これから山登りを始めようと思う方、ハードな山は無理だけど山歩きを楽しみたいという方に参考にして頂けたらと思います。山行記録と写真、行程図のイラスト、私なりの難易度を載せています。

【埼玉、東秩父】外秩父縦走~笠山・堂平山・大霧山周回コース。2024年4月29日(祝)


大霧山山頂から、こんにちは。


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。


ゴールデンウィークですね!

というか、でしたね!ですね(笑)

記事を書いているのは、5月14日です🤣

YouTubeを始めて、山に登った後は動画作成が忙しく、もちろん仕事もありますし、、ブログまでなかなか手をつけられず、どんどん後回しになってしまってます。

ごめんなさい💦

春になると花が咲き始めるので、私のブログを参考にしてくださっている方のために、できるだけリアルタイムに発信したいと思っているのですが、、


今日(5/14)は4ヶ月に一度の伊藤病院通院日なので、行き帰りの電車の中で、頑張ってブログ書いてました。

お陰で先ほど山口県旅行と美の山の記事をアップすることができました。

遅すぎるっちゅうの(涙)

帰宅して、今ひまをナデナデしながら、GWの2つの山行と先週末の山行まで書いてしまいたい!と思っております。


さてさて、前置きが長くなりました。


この日出かけたのは、外秩父。


GWは高速道路が混むので、近場で過ごすことが多いお気楽ですが、5月末に両神山に再びチャレンジしようと思っているので、力試し&体力作りのロングトレイル(まぁ、17kmですが😅)です。

以前(私が妙高山で怪我する前)ハガレーナとウォーリーと一緒にチャレンジしたあのコースです。


↑↑↑

その時の記事です。


あの年はどんどんチャレンジ登山を繰り返していて、イケイケ気分になっていた頃🤣

張り切り過ぎて、無理がたたって、私の左膝がぶちギレて、今に至ります。

だいぶ回復したとはいえ、当時のように気持ち的にイケイケではありませんが、またあの頃登った山に再挑戦したいので、その手始めに外秩父に出かけることにしました。

あの年の山行を少しずつなぞって行き、秋に妙高山リベンジ登山したいと思います!!



《登山難易度 12》



今日のメンバーは、ターボと花子です。

ハガレーナは孫っち誕生で、娘さんが帰省しているので、3月末から山はお休み中です。

2021年のチャレンジの時にはターボは参加していなかったし、花子もこのルートをいっぺんに歩くのは初めてらしいので、少々緊張気味。

私は三年前に沢山エネルギー補給しながら歩ききった経験があるので、二人よりは良いですが、このところ太ってしまったので、体が重く、それが心配ではあります。


自宅を4時半頃出発し、笠山登山口近くの「アヤメの里公園」に到着したのは、5時頃でした。

駐車場に先客は2台ほど。

花子がGWで登山道が混むのではないかと心配していましたが、結局笠山までは誰にも会わず、その後も数組とすれ違っただけで、とっても静かなGWでしたよ(笑)

こんなお天気良い日には皆さんもっともっとメジャーな山に出かけるのでしょう☺️


5時18分に歩き出し、車道をジグザグに登って行き、民家の脇を通りながら、標高を上げて行きました。

オオカメノキ、アヤメ、オダマキ、、里の花も可愛いです。


里の方が整備されている「松ノ木平展望台」に立ち寄ります。

丸太の椅子がかわいく並んでいました。

ターボが「いいっすね」とダジャレいってました🤣

午後に歩く大霧山が目の前に見えます。

朝陽がさして、山が少しずつ目覚め始めています。


結構標高の高い所まで民家があるんですね。

今日は所要時間が長いので、あまりゆっくりできませんでしたが、ベンチに座ってのんびり過ごせたら気持ち良さそうな展望台でした。


寄居町が管理している植林帯に入って行きました。

下刈りがしっかりされて、美しいスギとヒノキの林です。


標高をあげるにつれ、少しずつツツジがみられるようになってきました。

森の新緑と合わせて、最強コラボ。

こういう春の色合いが大好きです。


そして、ヤマザクラの巨木。

花は終わっていましたが、堂々たる佇まいで、素敵でした。


こちらはホウノキ。

くねくねとおり曲がりながら空に向かって枝を伸ばす様が面白くて、そして美しかったです。

それにしても青空ですね!

この日は曇り予報でしたが、見事にいい方に外れてくれました!


笠山までの道は結構な急勾配💦

アキレス腱のびのび、ふくらはぎパンパンになりながら登りました。

新緑とツツジがキレイなので、癒されながら、写真を撮りながら、、でも心拍はバク上がり🤣


山頂手前の尾根は、楽しい小道。

3年前はここが彩り豊かで素晴らしかった記憶があるのですが、今回はおとなしめ。

今年はツツジの花芽が少ないです。


そして、7時40分、笠山山頂(837M)到着!

距離にして3.5km、標高差600M登ってきました。

今日の行程に対して距離は2割、標高差は4割。

そう、この笠山までの登りが一番キツイのです。

最初の難関クリア!

この後笠山神社まで足をのばしました。

(動画ばかり撮っていて写真がなかった💦)

お願いしたのは、、「今年も安全登山ができますように」「秋の妙高が成功しますように」

いやいや、今日無事に過ごせることが一番大事です。

ケガなく1日歩き通せますように、、🙏


ミツバツツジと新緑のコラボも素敵でした。


笠山神社近くの岩場に登って眺めた景色です。

この後歩く峰々の奥に武甲山が頭を出していました。


このツツジは色が鮮やかです。

数は少なかったものの、花は見頃で若々しく元気いっぱいでした。


堂平山に向かっています。

堂平山への道は一段と緑豊かです。

二人はいつもこの道がキツイと感じていたそうですが、今日は新緑がキレイで、「いいね~、いいね~」と言いながら歩いたので、いつもより辛くなかったとのこと。

そして、パラグライダー発進基地を過ぎ、山頂に向け真っ直ぐ歩いていると、、前の方でターボが誰かに会って大騒ぎしています。

なんだ?なんだ?何事だ?と思ってみると、、そこにはアキロックさんとアコさんの姿が!

おおぉ、久しぶり~⤴️


アキロックチャンネルで有名なアキロックさんと、月曜日の山ガールアコさんです。

久しぶりの再会に大コーフンのお気楽メンバー(笑)

あんなこと、こんなこと、話していたらあっという間に30分が経過していました🤣

アキロックさんたちは堂平山近くの駐車場に車を停めて歩き出したばかりだったよう。

この後笠山に登って下り、白石峠経由で登り返す形で周回する予定だそうです。


みんなでアキロックポーズ、シャキーーン!!

楽しい時間をありがとうございました。

またいつかご一緒してくださいね。


アキロックさんたちと話し込んでしまったので、予定より大幅遅れで、9時36分、堂平山山頂(875M)到着です。

距離5.5km、標高差856M登ってきました。

距離としては1/3、標高差は6割消化しました。

堂平山が今日の行程の中で一番高い(剣ヶ峯は展望ないのでスルーします)ので、あとはアップダウンを繰り返しながら、少しずつ標高を下げていくことになります。


10時13分、白石峠に到着です。

この日はやっちん茶屋とタケノコ売りの車があり、道路は自転車とバイクが行き交っていました。

花子は毎年のようにGWにここを訪れタケノコを購入しているらしく、この日も一本買うと、オジサンがおまけに三本も追加してくれて、花子は4本ものタケノコをリュックに入れて歩くこととなりました🤣


白石峠からの登りはめちゃくちゃ急な階段になっていて、バテバテになりながら登りました🤣

このルートの中で、この階段が一番嫌い(涙)

でも登った先はこんなに美しい新緑の森になります。


白石峠辺りがUの形のルートの底になります。

なので、白石峠から大霧山へ向かう道からは朝登った笠山と堂平山が見えるということ。

開けた場所があったので、今頃笠山を下山中であろうアキロックさんに向けて、ターボが大声で叫んでいました。

「アキロックさ~ん、ど~こですか~⤴️」「元気ですか~⤴️」「お気楽、ここにいま~す!!」

その野太い大声が面白すぎて、花子と私は腹がよじれるほど笑いました🤣


次に現れた峠は定峰峠。

朝早かったのでお腹が空いていましたが、定峰峠はバイクの通りが盛んで落ち着かないので、坂を登った見晴らしの良い場所でランチにしました。


満腹になり、なだらかな道をご機嫌に歩く二人。


旧定峰峠を通過し、植林帯を登って、登りきった所を直角に右折。

ここまで来れば終わりが見えて来ました。

今日は暑くなる予報だったので、もしもバテてしまったら、白石峠、定峰峠、旧定峰峠から下るというエスケープルートを3つ考えていましたが、ここまで来たらもう大霧山まで行くしかありません。


でも大霧山までのルートはホントに楽しい道。

牧場柵に沿って進むので、右手の見晴らしはいいし、、


ズミが咲いていたりもします。

とても明るい森なんです。


右手に笠山と堂平山。

笠山は別名「おっぱい山」。

まさに!ですね(笑)


このコースの中でも一番の美しさを誇る大霧山への登り。

グリーンシャワーの中に先を行く二人が飲み込まれていくようでした。

素晴らしい!!!


13時45分、最後のピーク大霧山山頂(766M)に到着!!

やりました~⤴️

後は下るのみ!!


大霧山の下りもツツジが美しいです。


左手の景色。

もう美しいったらありゃしない。


途中、花桃の里(大内沢集落)が見えます。

そして、こちらにもズミ!

満開でした。


最後までツツジに癒されながら、、花があるとないとじゃ、体が感じる負担に雲泥の差があります。

咲いててくれて、ありがとう。


粥新田峠からはひたすら車道(涙)

ここで足の裏側が痛くなっちゃうんですよね(涙)

そうそう、この辺りで車が一台通りすぎ、少し先で停まったので、もしかして乗せてくれるのか?と思ったら、そのまま行ってしまいました。

ターボ曰く「若いかどうか確認したんじゃないか」とのこと。

なるほど👀

じゃあ仕方ない(笑)


もう惰性で歩くしかない!

苦痛でしかない!

車道歩き、キライや~(涙)

とはいえ、頑張って車道を下り、3時半前に駐車場に帰り着くことができました。


この日出会ったお花たち。

イカリソウ、ヤマブキ、チゴユリ、フデリンドウ、ヒトリシズカ。


そして、この日、山の中で摂取した食べ物一覧!

カロリー過多?

いやいや、これだけ食べないとシャリバテしちゃうんですよ。

朝みんなで持ちよった非常食、、みんな考えることは同じみたいで、バナナ4本、ソーセージ2本、凍らせたゼリー2個と被りまくりでした🤣

でもお陰で、最後まで元気に歩き通せました。

足の裏は痛くなったけど💦

距離が10KM越えるとね、、仕方ないです。




頑張りました~⤴️

チャレンジ成功!

こうやってひとつずつ、チャレンジを積み重ねて、秋の妙高山を成功させたいです。



外秩父縦走(笠山・堂平山・大霧山周回コース)


↑↑↑

動画をまとめています。

良かったら覗いてみてください。


いつもブログを応援していただき、ありがとうございます。

【埼玉、皆野】花盛りの美の山へ。2024年4月20日(土)


桜咲く美の山山頂から、こんにちは!


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。


(お詫び)

ブログアップが早い(山の最新情報をお届けしたい!)のが、私のブログの唯一の取り柄だというのに、約1ヶ月前の山行になります。

ごめんなさい💦

今頃(5月半ば)、美の山は桜もツツジも散ってしまっているものと思われます。

参考にされる方、来年訪れてみてください!


🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱


この週末はターボと二人旅。

午後用事があったので、午前中にサクッと登れて花を楽しめる山はどこか考えました。

1ヶ月前にひまと二人(?)で訪れて、全く花がなかった美の山、、今頃桜が咲いているんじゃないだろうか?

もしかしたら、ツツジも咲き始めているかもしれません。

今回も車道途中に車を停めて、ショートコースを歩いてくることにしました。


《登山難易度 1》




おおぉ、1ヶ月前は、な~んにもなかった森が新緑になっていますよ!

まだ生まれたばかりのホワホワ若葉が可愛くて、柔らかくて、嬉しくなっちゃいます🎵


ヤマザクラの名残りと開き始めたツツジ。

春の山のメインキャスト揃いぶみです。


ツツジの(蕾の)トンネル~⤴️

楽しい、楽しい!

ターボのペースが少し速いですが、花を見ながらテンションアゲアゲなので、足の運びも軽いです。


花芽がいっぱい!!


5年程前にターボと初めて訪れた時にその妖艶な美しさに圧倒されたヤマザクラエリアにやって来ました。

もう盛りは過ぎちゃったね~(涙)

仕方ない、、ここの盛りの頃、私は山口県にいた、、😂


季節の主役は桜からツツジにバトンタッチしたようです。


サクラ園地からの眺め。

春霞にうっすら浮かぶ両神山。


榛名神社の前の展望デッキからの眺めです。


山頂に向かいましょう。

まだ少しヤマザクラが残っていました。


美の山も今年はツツジの花つきが悪いのかな?

咲いている株、蕾のある株も沢山ありましたが、全く花芽がないものも多くありました。


ヤマブキとツツジのコラボ!

可愛い💠


山頂直下のサクラエリアにやって来ました。

おおぉ、まだ咲いてる木があった!!

なんて見事な枝振りなんだろう。


八重桜が可愛いすぎる!


この辺り、ツツジの小道なのだけど、花が少ないね~(涙)

今年はツツジの裏年なのかしら??


あっという間に山頂に到着です。

360度の大展望!


今日も武甲山が見事に見えていました。


東側のサクラとミツバツツジ。

そして、まだ花のないアジサイ園地です。


春の美の山は色で溢れています。

外秩父の山並みが大好き。

何度もブログに書いてるけど、春のパッチワークがのどかでいいんですよね。


アジサイ園地の中を下ってみます。

おおぉ、ここはサクラの森。

野趣感あって、とてもとても美しいです。

ここのアジサイが満開になったらきっと素敵だろうな。

たこひもさんを誘って見に来ようかな。


サクラエリアの下部です。

キノコのような東屋が可愛い。


小さな池があり、もみじの葉陰ができていました。


山で見かけた小さな花たち。

スミレ、シャガ、フデリンドウ、ヒトリシズカ、イカリソウ。


いこいの村美の山の敷地を歩いてみます。


新緑の森とホテル裏手からの眺め。

のどかな景色にいこいの村の緑色の屋根が映えます。

最近塗り替えたらしいですよ。


絶景ポイントから。

年末、このホテルに泊まってお気楽忘年会開こうかと計画中です(笑)


では、七曲がりルートで下山です。


あ、やっぱり咲いてた!!

ニリンソウ~⤴️

可愛いよぅ♥️


このルートで多くのハイカーとすれ違いました。

どうやら花に沢山会える人気のルートだったみたいです。

そして、ずっと以前にこのブログに登場した姫の友人「ソラタン」が私たちとすれ違ったらしいです。

後から姫に聞いて知りました。

どこでスライドしたんだろう??

声かけてくれたら良かったのに(涙)


最後は車道を少し歩いて車を停めた場所まで帰り着きました。

おう、いっぱい車がある!

ここにこんなに車があるの、初めて見た(笑)




午前中だけのサクッと散歩。

花に沢山出会えて、楽しいハイキングでした。



花盛りの美の山

 

↑↑↑

動画をまとめています。

良かったらご覧ください。


いつもブログを応援していただき、ありがとうございます。

【親子旅行】母米寿のお祝いで、山口県を旅する。2024年4月6~7日


山口県・元乃隅神社から、こんにちは。


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。


山口県岩国市在住の母が4月に88才になります。

今まで何も親孝行してこなかった私なので、米寿くらいお祝いしたいと思い、山口県に向かうことにしました。

母をどこか温泉に連れて行こう。

孫の誰か付き合ってくれるかな?

子供たち三人に聞いてみると、なんと三人から「行けます!」「行けるよ😁」「楽しみ~⤴️」と返事が来ました。

おぉ、三人とも行けるんか~い🤣

費用が嵩むなぁ、、、と思いましたが、、(笑)

孫三人と一緒なら母は喜んでくれるだろうし、私にとっても楽しい旅になりそうです🎵


ほぼ始発の新幹線に乗り、東京でイブを、品川でナツとケイを迎えて広島へ。

広島で在来線に乗り換えて岩国を目指しました。

母の住む岩国で焼き肉ランチをいただき、母の車で目指すは油谷湾。

今日のお宿は油谷湾の再奥に立つ「楊貴館」です。

私の経済感覚からいくとかなりの高級お宿ですが(😅)、一生に一度の親孝行だと思い奮発しました(笑)

いや、それは大げさすぎるか🤣


お部屋は5階の角部屋。

広いベランダもあって、眺めは抜群でした。

向かいの半島にある大きな風車や、湾内を行き交う漁船を眺め、何枚も写真を撮りました。

この後良質の温泉へ。

ぬるっぬるの湯質で、肌がツルツルになりました。

あまりにぬるぬるしているので、湯船の中でばぁばがバランス取れず危うく溺れそうになっておりました😅


夕食の時間。

ホテルから黄色いちゃんちゃんこと恵比寿帽を貸してもらい、笑顔の母。

「嬉しい限りです」とのことでした。


みんなで「88」のポーズ。

孫たちがみんなばぁばに優しくて、嬉しかったです。

食事はもう食べきれないほどのご馳走で、ケイが高校生なら5人分たいらげただろうけど、さすがに今はそこまで食べられない💦

勿体なかったなぁ。


二日目の朝。

まるで火の鳥のような朝焼けです。

まだ雲が多いですが、晴れてくれるかな??


太陽が昇ると共にどんどん青空が広がっていきました。

今日は楽しい日になりそうです。


楊貴館の前で「88」ポーズ。

動画では母も同じポーズをしてくれました。


二日目、最初に訪れたのは、元乃隅神社です。

駐車場にて、ばぁばとケイの慎重差40センチなり!!


これこれ、これを見たかったの。

海に向かって続く真っ赤な鳥居。

ばぁばは休憩所でお留守番。

子供と一緒に下ってみることにしました。


子供たち、どうやら鳥居のポーズらしい。


色を塗り直したばかりでしょうか?

鮮やかな赤い鳥居の重なりと、次々流れていく影。

最高に気分がいいです。


イブをモデルに写真を撮ろうとしていましたが、表情も動きも固く、ナツに「ヘタクソ!!」と言われておりました(笑)

そして、鳥居をくぐったその先に現れたのは、、、


大迫力の岩場とコバルトブルーの海~⤴️

わぉ!!

なんて、なんてキレイなの!?

やっぱり日本海はキレイだ!!


海鳥が泳いでは潜ってを繰り返し、魚を捕まえていました。

何しろ透明度が高いので、その様子が良くわかるのです。

いつまでも見ていられる!

ずーっとここにいたい、、そう思いましたが、ばぁばが待っていますので、戻らねばなりませぬ。


子供たちも日本海の美しさに感動していました。

ここはまた来たい!!

絶対来よう。

次はもっともっとゆっくり眺めよう🎵


車で角島に移動します。

これ、これ、これ!

これも見てみたかった景色。

角島に向け真っ直ぐのびる雄大な角島大橋。

窓を開けて走ると海風が車内に吹き込み、爽快感半端なかったです。


角島灯台にやって来ました。

日本海側に最初に造られた洋式灯台なのだそうです。

異国情緒溢れる素敵な灯台です。


辺りは公園になっていて、可愛いお花が太陽の陽射しを浴びて輝いていました。


灯台に登りますよ~⤴️

青空に届くような灯台の美しさ。


夜の航海の道しるべとなる灯台。

昼間は白いペンキの壁にグレーの影がおちて、船に乗っていた時代を思いだし、懐かしくなりました。

私は今は山女ですが、元々は船乗り、、太陽と青い海、そこを渡る外国航路の船という取り合わせは、私にとって永遠の憧れなんです。


灯台からの眺めです。

気持ちいい。

山からの眺めとはひと味違う。

潮風を頬に首筋に感じます。


子供たちにこの景色を見せることができて、良かったです。


売店で夫にお土産を購入しました。

昔の看板が飾られた塀の前にて、イブとケイ。


角島大橋を渡り、本州に戻ってきました。

白い砂浜は、全て貝殻が細かく砕けたものなのだとか。

海底にも土は一切ないので、白いキャンバスの上に青い絵の具を流したように、海がコバルトブルーに見えるのだそうです。

それにしても人が少ない(笑)

こんな絶景、関東近くにあったら、週末毎に大渋滞でしょう。

西日本にはまだまだ知られざる絶景が沢山あります。


いやぁ、美しい。

絶対また来よう。

帰宅して、お気楽のみんなに写真を見せたら、みんなが「行きたい!」と言ってくれました。

旅行の積み立てをしていることですし、秋にターボ、ハガレーナ、ウォリーと一緒に角島旅行を計画することとなりました。

またくるよ!!


角島をバックに親子写真。


新岩国駅にて。

ばぁばが最後ちょっと運転したのですが、怖すぎて、最後にどっと疲れました💦


母はこの一泊二日が楽しかったようで、それ以降毎日三回は私に電話してきます。

子供たちが米寿のお祝いにデジタルフォトフレームをプレゼントし、そのなかに旅行中の写真など入れておいたので、毎日それを見ては「また会いたくなった」と電話してくるのです。

また会いに行かなくちゃですね。



山口県の旅~角島・元乃隅神社


↑↑↑

旅行の様子を動画にまとめてあります。

良かったら覗いてみてください。


いつもブログを応援していただき、ありがとうございます。