50代からのお気楽山登り

これから山登りを始めようと思う方、ハードな山は無理だけど山歩きを楽しみたいという方に参考にして頂けたらと思います。山行記録と写真、行程図のイラスト、私なりの難易度を載せています。

【お知らせ】YouTubeで、2023年の写真集を作りました。

明けましておめでとうございます。


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。


ここ数年、週一登山を続けておりまして、、2023年もたっくさん山に登りました。


そんな山の写真をYouTubeにまとめましたので、良かったらご覧ください。



お気楽隊『2023年photo collection 』


こうやって見返してみると、一年中美しい景色に囲まれていたんだなぁと実感!

幸せだなぁと思います。


2024年も仲間と一緒に、沢山の山に登り、素晴らしい景色を皆さんにお届けしたいです!


今年もよろしくお願いします🙇⤵️


いつもブログを応援していただき、ありがとうございます。

【長野、佐久】今シーズン初の雪山~浅間外輪山with青木さん


浅間外輪山から、こんにちは!


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。


いよいよ雪山シーズンがやってきました!


今年は何度かドカンと雪が降ったものの、そのあと暖かい日が続いたりして、(新潟を除き)山の雪は少なめです。

このところ里山歩きばかりしていたので、そろそろモフモフ雪道歩きをして、キンキンに冷えた森の中で煌めく霧氷を見上げたいと思うのですが、どこがいいでしょうか??

ターボと二人会社の有休を使って出かけることにしました。


有休取得をしたこの日は関東甲信越はどこも気温が上昇する予報で、自宅近くから見える山はどこも真っ黒です。

つまり霧氷もないし、雪があったとしても登山道にわずかにあるだけだと思われます。

だったら少しでも標高の高い所に行ってみようと思い、浅間外輪山を選びました。



高峰高原・車坂峠付近に車を停めてまずは大展望を楽しみました。

佐久の町は一面の雲海の下。

右から御嶽山、中央アルプス、八ヶ岳連峰、奥秩父の山並み、富士山と、、今日も大展望が期待できる素晴らしい眺め!



今日はターボと二人で歩いてくる、、つもりでした。

この時までは、、。


しかし、高峰高原マウンテンスキー場のトイレをお借りして、ビジターセンターの駐車場に車を停め、登山口に向かうと、そこに見たことあるお顔の方がいらしたのです。

耳当て付きの毛糸の帽子をかぶり、白くて長い顎ひげのあの男性は!?

あ、青木さんだ!!

私のブログの初期からの読者さんなら覚えていらっしゃるでしょうか??

そう、2018年2月に雪の浅間山第二弾でお会いしたAさんです。


↑↑↑

そのときの記事はこちら。


その時とちっとも変わらない若々しい青木さん(おんとし72才!)と再会したのでした!

青木さんには若くて可愛いお連れの方がいらしたし、私たちは歩くのが遅いからと固辞したのですが、「いやいや、一緒に行きましょう。今日は楽しい山歩きになりそうだ🎵」と言っていただいたので、一緒に歩かせてもらうことになりました。 


《登山難易度 3》



🚶🚶🚶🚶🚶🚶🚶🚶🚶🚶


青木さんとバッタリ会ってから、すぐに色んな説明が始まったので、動画を撮るのに忙しくて、ほぼ写真がありません(涙)


五葉松の見分け方やシャクナゲの話など聞きながら歩きました。

てか、ほぼ立ち止まってましたね🤣

なかなか歩かないので、青木さんの連れの女性は寒くなってジャケットをプラスオンしてました、、登りなのに!🤣

上の写真はシャクナゲの花のあと。

下の写真には、花芽と葉芽が写っています。

葉芽は細く尖っていて、花芽は丸くぷっくりしています。


次にあった写真は車坂山を越えて一旦鞍部まで下る時に見えた黒斑山の景色。

車坂山からの景色は動画をご覧下さ~い、、ごめんなさい💦

古い火山である黒斑山はパイオニアツリーであるダケカンバやカラマツからシラビソ・コメツガなどの針葉樹に替わりました。

《コメント欄に青木さんから訂正と正しい情報が寄せられました!そちらもあわせてご覧ください》


展望スポットまで登ってきました。

今日はド快晴だし、視界がめちゃくちゃクリアです!

篭ノ登山の奥に北アルプスが見えてきました。

これは最高だ!!


トーミ断層の上からの眺め。

奥に見えているのは四阿山。


浅間山が頭を覗かせるスポット。

雪が少ないね~⤴️

日によって噴煙の量が違うんですね。

今日は噴煙が少ないみたい。

そして、期待していた霧氷は今日は無理みたい、、残念(涙)


そして、槍ケ鞘に到着しました!


五竜岳、唐松岳、白馬三山、、真っ白で、カッコいい~⤴️


トーミの頭に向かう途中、振り返るとこんな景色が!

朝は分厚い雲海の底だった町が見えてきて、なんとも幻想的な雰囲気です。

薄いもやの中に浮かび上がる山並みが美しい。


雪がほぼないトーミの頭に到着!


雲ひとつない青空と浅間山、湯ノ平、外輪山、、私のお気に入りの景色。

何度見ても、現実とは思えない雄大さ、完璧なバランス、、ここまで登って来た人にしか味わえない爽快感。


黒斑山に向かう途中からみた浅間山。

前掛山の奥の浅間山本体のお釜の淵が良くわかります。

今は噴火警戒レベル2なので、前掛山には登れません。

そして、そこから下を覗いてみると、、


いた!いた!カモシカ!!

しかも三頭!!

青木さんは四頭いると言ってたけど、私には三頭しかわかりませんでした。

だとしても、日頃単独行動が多いカモシカが三頭も四頭も群れでいることはとても珍しいことなのだそう。

私たち、なんてラッキーなの!?

青木さんが見つけてくれなければ、気がつかなかったと思います。


そして、黒斑山に到着しました。

黒斑山からの眺めです。

少し遅れてターボが到着。

かなりバテているようです。

約1ヶ月ぶりの登山だったからか、とても疲れてしまった様子。

今日は青木さんの話を聞きながら、とてもとてもゆっくりだったので、私は全く息が上がりませんでした。

こんなにゆっくりで楽な山行でバテてしまったというのは、ターボには考えられないこと。

多分少し体調が悪かった(疲れていたり、寝不足だったり)のではないかと思います。

これ以上は無理そうとのことで、今日は黒斑山から引き返すことにしました。


青木さんと記念撮影。

再会できて嬉しかったです!

ありがとうございました!

黒斑山でランチしてから青木さんとはお別れしました。



帰りはターボと二人きり。

いっぱいおしゃべりしながら、楽しく歩いて下山しました。

トーミの頭から相変わらずの素晴らしい景色を眺め、中コースを歩きます。


雪はとても少なかったですが、トーミの頭で吹いていた爆風が信じられないくらい中コースは静か。


木漏れ日の楽しい道を下り、午後2時過ぎには駐車場に帰り着きました。




動画を下に貼り付けておきます。

良かったら覗いてみてください。



浅間外輪山 with青木さん


いつもブログを応援していただき、ありがとうございます。

【栃木、足利】山飯登山部プレゼンツ・クリスマス登山in赤雪山。2023年12月10日(日)


赤雪山の森から、メリークリスマス!


いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


ウサ亀さん所属の「山飯登山部」主催「クリスマス登山」に参加してきました!

昨年宝篋山で初開催されたこのクリスマス登山。

宝篋山まではみんなで楽しく登りましたが、山頂での食事は各自だったので、お気楽はいつもの即席ランチで、山飯登山部の豪華なお料理を羨ましく眺めただけでした、、が、、、

今回は栃木県の赤雪山に登り、下山してからキャンプ場でBBQパーティーするのだそう。

材料準備や調理は山飯登山部が仕切ってくれて、会費は2000円!

参加条件はサンタ帽子のみ🎅

これは昨年にも増して楽しくなること間違いなしです😋


7時に自宅を出発し、現地「RECAMP足利」に到着したのは、8時20分頃でした。


一年ぶりに再会した、ゆずさんとぷにこさん♥️

笑顔が素敵なお二人にまた出会えて、嬉しい🎵😍🎵


今回参加は、16名!

昨年大勢で参加していたアキロック隊は、メンバーが集まらず不参加でしたが、山飯登山部が新たに親しくなった皆さんで、初めてお会いする方が沢山でした!

今日はよろしくお願いしま~す!

ワイワイ行くよ~⤴️



親友さんにカメラマンをお願いして、15名の「行っくぞ~ポーズ」


キャンプ場の中に登山口(というか、ダムまで登れる道)があります。

展望台がギッシギシ!

15名登っても大丈夫でした(笑)

展望台からは松田川ダムとその向こうに仙人ケ岳からの稜線が見えました。

それにしても雲ひとつないあっぱれな秋晴れ!


松田川ダムの名盤がカッコ良かったです。

文字が松葉で形づくられてる!

ダム湖の真ん中には藻などが発生しないように水を循環させるための装置がありました。

一定間隔で水が吹き出していて、丸い泡が広がっては消えて、、見ていて面白かったです。

ここでけんちょんさんがターボに「ヤマダムさんってなんでヤマダムって言うんですか?ダムが好きなの?」と聞いておりました。

(ヤマダムはターボのYAMAPでの呼び名です)

「いやいや、これは山のマダムなんですよ~⤴️」とマダムには程遠いターボが名前の由来を嬉しそうに語っておりました🤣

ダムを離れ、しばらく車道を歩きます。

ヒデキングさんのリュックにはクリスマスの鈴が!

鳴らしてみて!と言うと体を揺すってチリンチリンと鳴らしてくれましたが、、優しい音色で、とても熊避けにはなりそうもない(笑)


(上)ダム湖のリフレクション。

対岸の山が鏡のような湖面に写っていました。

(下)赤雪山登山口に到着です。

赤雪山の名前の由来が載っていました。

足利氏の浮気疑惑が発端だったのね、、😅

忠綱と家臣たちの血で白雪が赤く染まったからとのこと。

私が「白雪姫が血に染まった」と読み間違えて「白雪姫殺人事件かよ!」「東野圭吾かよ!」とみんなに突っ込まれました🤣 


登山口からは杉林の中の急登になります。

早速遅れ始めるお気楽隊。

健脚の皆さんはどんどん先に行きますが、速く歩けないお気楽は焦らずのんびり行きます。


すると、ゆずさんとぷにこさんが待っていてくれました。

可愛いお二人、、サンタエプロンがとっても似合ってるね!


先頭集団は、森の中でこんなことして遊んでたらしい🤣

抱きつきっぷという遊び(笑)


それにしても、森がキレイです。

小ピークに着くと、みんなで丸くなって何やら盛り上がっていました。

遅れて到着したので、なんだか楽しそうなのがわかっただけ🤣


ピークを越えると山頂が見えてきました!

松のある尾根道は、足利らしい雰囲気。


平らになったり、急になったりを繰り返して山頂を目指しました。

登ったことのあるゆずさんに「山頂までもうすぐ?」と聞くと「こう行って、こう!」と手を使って表現するゆずさんが可愛くて、お気楽は「可愛いすぎる~⤴️」となりました(笑)


あっという間に山頂到着!

山飯登山部の皆さんが東屋で着替えている間、お気楽はお気楽に眺めを楽しんでおりました。

山の名前がわかないので「AR山ナビ」を起動すると、なぜか出てくるのは、千葉ポートタワー、ビッグサンダーマウンテン、東京スカイツリー、東京都庁、ランドマークタワーなどと、巨大建造物ばかり。

霞んでいなければ見えるってことなんですかね??

大小山だけ「あれかな~?」と分かりました。


準備が整ったようです。

本日のホスト・山飯登山部の皆さん!

右からウサ亀さん、けんちょんさん、ヒデキングさん、親友さん。

親友さんのみ衣装がなかったので、女性が身につけていたハート柄のエプロン着せられてた🤣


全員で色んなポーズして写真におさまりました。

山ポーズ、○ポーズ、✕ポーズ、ドスコイポーズ。

そして「おきらっくポーズ、ババーーン」も!


完璧サンタクロースだったヒデキングさん。

カツラの下はそんなんなんだね~(笑)


では下山開始です!

落ち葉がすごくて、滑る、滑る💦

殿が落ち葉をはらってくれないから、ターボがスッ転んでおりました🤣

途中の尾根から見えた仙人ケ岳方面の稜線。

山火事で山肌むき出しなのがわかりました。

山火事は悲しいけど、それによって展望が良くなったらしいです。


岩場を下って、最後は植林帯をジグザグに。

この後、12時ちょうどにキャンプ場に帰り着きました。




🍻🥩🍻🥩🍻🥩🍻🥩🍻🥩🍻


さあ、午後はBBQパーティー!!


ノンアルビールでカンパーイ🍺✨🍺


貸しきった炊事場でみんなワイワイ!

ヒデキングさんと親友さんは、ビア缶チキンとカルビ焼き。

ウサ亀さんは、ホタテ焼き→カリッコリー→イカ焼き→豚バラサンチュ巻き→焼きおにぎり→焼きエビ。

けんちょんさんは芋煮(お気楽がけんちょん汁と命名)。


お気楽はけんちょんさんのお手伝いをしました。

飴色チキンがすごすぎる!!


どれもこれも、最高に美味しかったです!

最後はトランプを使ったプレゼントタイム。

3つしかない大物のうちのひとつを私がゲットしました🤣

楽しかったし、美味しかった一日でした!

山飯登山部の皆さん、ありがとうございました!!


ゆっくりなお気楽に付き合ってくれたゆずさんとぷにこさんと記念撮影。

1月になったら一緒に雪山に行こうと約束しました。

楽しい時間をありがとうございました!


https://youtu.be/vnLD9g4SStc?si=rsfmY6MzniCSR3vY

↑↑↑

YouTube動画にまとめてあります。

YouTube始めてから、私の稚拙な文章では伝えられないあれこれを残せるので、とても重宝してます。

私のババァ顔が満載でそこはホントは嫌なんだけど、、、事実だから仕方ない(涙)


いつもブログを応援していただき、ありがとうございます。