50代からのお気楽山登り

これから山登りを始めようと思う方、ハードな山は無理だけど山歩きを楽しみたいという方に参考にして頂けたらと思います。山行記録と写真、行程図のイラスト、私なりの難易度を載せています。

【復活前夜】《山歩きJP》とのコラボで赤薙山へ《後編》2021年1月30日(日)

《登山難易度   2》

小丸山山頂にて全員集合!!


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。


YouTube《山歩きJP》とのコラボ企画。

まきじーのさんに案内してもらった赤薙山の【下山編】です。



山頂は木々に囲まれ、それほど展望はないし、その割りに風が吹き抜けて寒かったので、下山途中にお昼休憩することにしました。

下山開始は12時15分くらいでした。


この赤薙山は下山が楽しいのです。

なぜなら、ずーっとこの大展望を楽しみながら下っていけるから!

遠くを見渡すと、もはや空を飛んでいるような感覚すら覚えます。


まきじーのさんの「お~い、振り向いて~」にこの笑顔!

か、かわいい(*≧з≦)

おじちゃんとおばちゃんはもうメロメロだよ🥰🥰🥰


二人の後を追う私ですが、、、

何しろ急勾配なので、、、


転がらないように、慎重に慎重に、、めっちゃモタモタと下っています💦💦

クリさんが「あの山頂直下の急斜面を下れたの!?」と驚いていましたが、そりゃあもうすご~くすご~くゆっくりでした🤣🤣🤣


待ちくたびれた二人は尾根にいると寒いので、森の中に入り寝転んでいたみたいです。

まきじーのさんが「自由だね~🎵」と言ったとか。

雪の上に寝転んで空を見上げるのって、すごく気持ちいいんですよね。

私も根子岳で体験したので知っています🥰


寝転んでいた二人プラスまきじーのさんと合流~。

お待たせ~😆


うひょ~、気持ちいいね~⤴️


しばらく私を先頭に下っていきました。

ランチできそうな平らで風があまり当たらない場所を探します。


途中平らな雪原に座ってランチタイム。

登り途中に渡したバナナにまきじーのさんが書いた「お気楽」の文字がいい感じで浮かび上がった!


この写真を見て、ナツが「お気楽おばちゃん」と名付けておりました🤣🤣🤣


この後事件が!!


私がスープマグの蓋をしめようと思ったら取り落としてしまい、真っ赤な丸いマグの蓋が斜めになった白い雪原をコロコロコロコロと勢いよく転がって行ったのです。

「あーーーーーーーっ」と言いながら、こりゃもうダメだと蓋を見送っていると、突然私の2メートル後ろに座っていたジュンがサッと立ち上がって猛ダッシュ!

ジュンがザクザクいわせながら、雪原を走る!!走る!!

とはいえ、雪にズボズボ埋まるので「無理だろ~」と思ったら、最後谷に落ちる寸前にビーチフラッグよろしくスライディングキャッチしてくれたんですよ~⤴️

わずか数秒の間におきた救出劇でした。

写真もビデオもないのが、めっちゃ残念!!!

もしかしてナツが撮ってた!?と思い振り返ると、両手でバームクーヘンを持ってモグモグしてた🤣🤣🤣

使えね~😆

まぁ、ナツばかりでなく、ハガレーナと私は蓋が転がっていくのを「あーっ」言いながら見てただけだし、まきじーのさんは、一応救おうという気持ちはあったんですが(偉い!)、立ち上がろうと手をついたらズボズボ沈んで進めなかったんだから、ジュン以外みんな似たようなもの(凡人)だった訳なんですけどね😆

いやぁ、ジュンの運動神経が炸裂!

めちゃくちゃカッコ良かったんですよ。

ナツ曰く「ジュンの主人公感が半端なかった!」

今も映像がスローモーションのように頭に浮かびます。

ヤラセでもう一回やってみる?と提案してみたけど、もう一度できるとは限らないということになりました。

何しろジュンが飛び込んだ場所は平らな雪原が終わる崖っぷちでしたから😱😱😱

結構危なかったんですよ。

蓋と共にジュンが崖の向こうに消えるかとドキドキした💦💦

ジュンの勇気と向こう見ずに驚くとともに、その鮮やかすぎる瞬発力に感動した!

ジュン、ありがとうね~⤴️

安物のマグの蓋、、、ジュンに救ってもらったことで、もう手離せない逸品になったよ🤣🤣🤣

大事にする~😆


ランチタイムは何分くらいだったのだろう。

冷たい風が時々吹き付け、ブルブルブルブル、、、さっ、寒い!!

まきじーのさんはまだコーヒーを飲みたいみたいだったのですが、「寒い!無理!」となり、とっとと歩き出すことに。

ナツが「ランチは単なる栄養補給なんだな」と思ったらしいです。

いやいや、人によってはランチに重きをおいて、とても豪華なランチタイムする方もいるよ~⤴️

でもお気楽隊は、特に冬場は、空腹を充たすための単なるエネルギーチャージです🤣🤣

寒いの無理!!


下りはずーーーっとこの景色!

たまりませんね。


少し雲が多くなってきましたね。

東の方は低い雲がたれこめ、雪が降っていそうに見えました。


若者二人の歩みの速いことといったら!


私はゆっくりしか下れません💦💦

最後まで我慢強くハガレーナが付き合ってくれました。

いつもありがとうよ~😆


ひぇえ、風が冷た~い💦💦

雲竜渓谷側から吹き上げてくる風が顔に当たると痛いくらいです。


たまらず、ゴーグルとネックウォーマーで顔を覆う🤣🤣🤣

もはや誰だか分かりません(笑)

私もバラクラマ買おうかな。


まきじーのさんと「イェーーイ」


最後まで赤薙山の上空は青空でした。


天空回廊の終点にある展望台が見えてきました。

最後まで気を抜かないように慎重に。

あそこまで行けば、後はヒップソリが待っています!


さぁ、始めるよ~⤴️

展望台直下はあまりにも傾斜がキツ過ぎて、ヒップソリは使わずに尻セードで滑り下りました。

両手を雪面に滑らせブレーキをかけながらでしたが、すごいスピード感!!

「手にはめるアイゼンが欲しいーーーっ!」と叫んでおりました。

私の尻セード、安定感があって、ナツに「テディベアみたいだった」と言わしめました🤣🤣🤣

(写真はなし😅)


さぁ、若者二人の出番です。

ヨーイドン!


きゃーーーーっ!

ジュンだけが滑り出したーーーっ!


すごいスピードで下ってきて、最後はクラッシュ!!!

ビデオに撮りましたから、YouTubeをご期待ください🥰


顔に雪のつぶてを浴びて、「顔が冷た~い」と笑うジュン。

瑞々しいね~🎵


遅れてナツもやってきた!


最後はやっぱりクラッシュ!!

こちらも動画におさめましたので、YouTubeに登場するものと思われます✨


今度は二人揃ってスタート!!

あ、あ、体勢が崩れた!


あーーーっ!


横回転~💦💦


爆笑🤣🤣

ヒップソリ、めちゃくちゃ楽しいです。

ここは旧ゲレンデなので、傾斜が素晴らしい!

人もいないし、遊び放題です。

クリさんがまきじーのさんと前にきた時は雪が降ったばかりでモフモフだったので、あまり滑らなかったらしいですが、今回は雪がよくしまり、ヒップソリにはベストコンディションでした🥰


楽しかったね~🎵


あ、さっきまで山頂を隠していた高原山が再び現れました。

そらがキレイ!!


おおぉ、なんだ?あの雲!?

巨大な宇宙船みたい!


頭を巡らして大きな雲を眺めます。


あ、あ、あの雲の縁が面白いよ!


まるで魚の背びれみたい!

するとジュンが「リュウグウノツカイみたい!」と。

おぉ、やっぱり竜だね!

朝雲に昇っていった竜が巨大になって戻ってきたんだ!と思いました。

今日は一日、様々な形の美しい雲を見ることができました。

まるで青空のキャンバスに神様が白い筆で次々描き出したようでした。

こういうのはなんて言うのかな?

天体ショーとも違うし。

うまい言葉が見当たりませんが、どこまでも清々しく、心が晴れ晴れとするような雲のショータイムでした。


お疲れ様~⤴️

楽しかったね~🎵

また一緒に遊びましょう✨




YouTube《山歩きJP》がアップされたら、またブログでお知らせします!

初めて動くお気楽隊をご覧いただけます。

ま、そんなの見ても何の価値もありませんが🤣🤣

てか、ババァの動画はほぼ削除されている可能性も大ですけどね😆


今後も《山歩きJP》の応援、よろしくお願いします!


いつもブログを応援していただき、ありがとうございます!



×

非ログインユーザーとして返信する