50代からのお気楽山登り

これから山登りを始めようと思う方、ハードな山は無理だけど山歩きを楽しみたいという方に参考にして頂けたらと思います。山行記録と写真、行程図のイラストを載せています。

【山梨】鉄砲木の頭~高指山 2017年12月9日(土)

一年前に本栖湖畔の竜ヶ岳に登って、その大きさに度肝を抜かれた富士山を、一年ぶりに見に行きました。


今回は山中湖畔の鉄砲木の頭と高指山を巡ります。


カメラマンの撮影スポットとして人気のあるパノラマ台に車を停めて、出発です。

パノラマ台からは既に富士山と南アルプスの大展望。

登らなくてもここで充分な気もしますが、いやいやそこは山ガール(?)としては汗をかいてから見る絶景は一味違うことを知っているのでね(笑)


薄茶色に冬枯れしたカヤトの原を真っ直ぐに登って行きます。

昨日降った雪が今朝の冷え込みで凍っていて、踏むとザクザク音がします。


道の中央が深い溝になっていて歩きにくい所もあるので、滑らないように慎重に足を置きます。


途中何かの鳥の足跡がずっと続き、やがてカヤトの原の中に消えていました。


直登で息が上がり、気温はマイナスだと思いますが、首もとが汗ばんできます。


40分程で広い山頂に到着です。

東側は背の高いカヤトで遮られていますが、他はぐるりと大パノラマです。


山中諏訪神社奥宮があります。

お参りしてから山座同定をしてみました。

雪をかぶった南アルプスの稜線が白銀に輝いています。


パノラマ台からだと手前の山に隠れていた仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳も頭をのぞかせています。


少し体が冷えて来たので、そろそろ次の行動を開始しようと、カヤトの中に道を探していると、丸い山頂の向こう側から茶色い大きな頭が少しづつ現れました。

山梨県のゆるキャラ「武田菱丸」です!


山梨県のPRのために、あの急坂を重そうな体で登って来たのだそうです。

体は犬か熊ですが、足はしっかり登山靴をはいたおじさんの足でした(笑)


一緒に記念撮影してもらいました。


山頂左奥に道を見つけ、高指山に向け歩き出します。


今日はまだ誰もこのコースを歩いていないようで、踏み跡👣がありません。


きれいな新雪を、新鮮な気持ちと少し不安な気持ちで進みます。

獣たちの先客はいたようで、大小様々な動物の足跡🐾がついていました。



雪の道を歩くのは久しぶりなのでワクワクします。

足跡から動物たちの気配を感じられるのは冬の山歩きの楽しみのひとつですね。

落ち葉の上に降った雪の上を歩く感覚は何とも不思議です。

フカフカとザクザク🎶

木立の緩やかな尾根歩きは楽しい!


この尾根は神奈川との県境稜線です。

樹間から時折丹沢の山並みを見ることもできました。


しばらく緩やかな道でしたが、平なピークを越えると急な下り坂になります。


道の中央が大きく削れていて、そこに落ち葉が大量にたまり、さらに雪が積もっているので、足元がとても不安定です。

思いがけなく足がずぼっと埋まったりもするので、注意が必要です。

なるべく溝に入らないように、樹木の根元を歩きました。


小ピークを西側に巻いて行くとやがて切通峠に着きます。

平野からの道と交わりますが、神奈川方面へは道が崩れているらしく通行止めです。


何度かアップダウンし、分岐を二回過ぎると高指山への最後の登りとなります。


思いの外急登で、一気に汗をかきました。

樹木の間から角度を変えて富士山が見えてきます。


20分程でカヤトの間から空がひらけ、高指山山頂に飛び出します。


細長い山頂の奥に山頂標識とベンチがありますが、展望に乏しいのと、人の多さに、手前のカヤトを切り開いた傾斜地でお昼休憩にしました。


南アルプスは手前の山にほぼ隠れてしまいましたが、目の前に富士山が見え、山中湖は鯨の尾びれまで見えます。

白鳥の形の遊覧船が静かな湖面をすべる様を見ながら、温かいスープやおでんで疲れを取りました。

気温は低いはずですが、風がなく穏やかで、とても暖かく感じます。


食事を済ませると、目の前のカヤトの中の急斜面を転がりそうになりながら下って行きます。


山頂直下の分岐で振り返ると、カヤトや低木に縁取られた可愛らしい高指山の山頂部が見えました。


分岐を過ぎると、まもなく左手に木の柵が現れます。


別荘地帯で、森の中に静かな山荘が建っていました。

夏は賑わうのでしょうか?


左手後方を見ると、今日歩いた稜線を見渡すことができました。


分岐から30分程で車道歩きとなります。

初めは平らな道ですが、やがてパノラマ台へ向けての登り坂となり、一日歩いて疲れた足には、少々長く感じられました。


ようやくパノラマ台に戻ってきたら、朝は静かだった駐車場が、多くの観光客で賑わっていました。


帰りに山中湖畔に降りて少し休みましたが、山中湖から見ると鉄砲木の頭はすごく分かりやすいです。


とてもいい山でした!

次回は三国山の方に回ってみようかな?


パノラマ台0847ー(38分)ー鉄砲木の頭山頂0925(17分休憩)ー(18分)ー小ピーク1000ー(25分)ー小ピーク西側1025ー(9分)ー切通峠1034ー(9分)ー小ピーク1043ー(6分)ー平野分岐1049ー(5分)ー平野分岐1054ー(20分)ー高指山山頂1114(36分休憩)ー(14分)ー山頂直下分岐1204ー(30分)ー車道1234ー(51分)ーパノラマ台1325


全行程 4時間38分

(うち歩行時間 3時間45分)


標高差 294M(997M~1291M)

歩数 17400歩

歩行距離 12、2㎞

パーティー 4名(やまみほ、ターボ、ハガレーナ、ピカ☆ンチ)

行程図

【群馬】稲含山 2017年12月3日(日)

西上州随一の展望を誇る稲含山へ出掛けました。

標高1003Mの神の池公園脇に車を停めて歩き始めます。


神の池は全体に凍っていて薄い氷が張っていました。


左側の登山道を行きます。

付近の枯れ草に何かが絡み付いています。

遠目にティッシュが落ちているのかと思いましたが、よく見ると根元から伸びた霜柱でした。

ガラス細工のような繊細で美しい氷の結晶でした。

その後林道を横切り、山道に入ります。

100メートルほどで一ノ鳥居に到着です。

分岐があり左へは平坦な道がありますが、今日は右の尾根道を進みます。


ブナやコナラの落ち葉をザクザク踏みしめながら行くと、右手に鉄塔が現れ、わずかで小広い場所に出ます。

茂垣峠です。

砂利の林道の終点となっています。


真っ直ぐに山道に入るとすぐに赤く立派な鳥居が見えてきます。


大きな鳥居をくぐると、そこには美しい雑木林が広がっていました。

木漏れ日の中の清々しい道を行きます。


木立の中にジグザグに伸びる木段が延々続きます。

268段あります。

急登で一気に汗をかきました。


階段を登りきり少し行くと、右側が拓けた場所があり、ベンチがあります。

ここからは北西方向を見渡せます。

この日初めての展望です。

右に榛名山と谷川岳が重なって見えます。

左手に荒船山、正面に浅間山と北アルプスです。


展望を楽しんでいると、後ろを長靴をはいた男性が追い越していきました。

稲含神社の管理人さんです。

山頂で全ての山の名前を教えてあげるよと言われ、内心「ウヒョー❗」です。

足取りが軽くなり、男性の後を追います。


急坂を登り、少し下ると手すりがついたヤセ尾根の鞍部に出ます。


旧稲含神社への分岐を過ぎ、クサリや転倒防止のフェンスが設置された急坂を登ります。


北側の斜面なので、冷気が漂っていました。

落ち葉にも白く霜が降りています。


ベンチから20分程で稲含神社に到着です。


先ほど追い越して行った管理人さんが祝詞をあげて、私たちの到着を待っていてくれました。


この神社は1500年の歴史がある農耕の神様です。

富士山の「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」の姉である「宇迦之御魂神(ウガノミタマロ)」が稲を口に含んでこの地に伝えたのが起源です。

群馬県で最も高い所にある神社だと管理人さんに教えて頂きました。


管理人さんの先導で山頂へ。

急な石段を一登りで山頂に着きます。


突然広がる大パノラマ!

360度の大展望です。

管理人さんがストックで指差しながら、ひとつひとつ丁寧に山の名前を教えてくださいました。


間近に西御荷鉾山、白毛岩、小沢岳、檜沢岳、妙義山、ジジ岩ババ岩などの西上州の山々。

タンカーの形をした荒船山や雪をかぶった浅間山。

遠くに草津白根山、北アルプス、美ヶ原、八ヶ岳連峰、瑞牆山、金峰山。

更に遠方に南アルプス、両神山の山頂部分まで、ぐるりと見渡せます。

今日は東方面が白く霞んでいたので、管理人さん曰く「90点」だそうですが、これだけの大展望に出会え、しかもガイド付きで山座同定できるなんて、私たちはなんて幸運なのでしょう(^-^)v


見飽きることはないのですが、後続のハイカーで狭い山頂が混みあってきたので下山開始。


復路で通る予定だった旧稲含神社方面は整備されておらず、「神の水」か凍結して滑るので滑落事故も多いと管理人さんから聞き、来た道を戻ることにしました。

今日往復で通った道は、管理人さんがボランティアでロープなども自費で整備してくださっているのだそうです。

所々に真新しい黄色いロープがあり、手書きの案内板も見られましたが、全てお一人でやられているとか。

頭が下がります。


茂垣峠から来た道を帰れば早いのですが、次に来たときのために、管理人さんに教えて頂いた大きな駐車場を確認しておこうと思い林道を進みました。

大きな駐車場の場所を確認してから右に車道を下るべきところを私が間違えて左に進んでしまい、いつまでたっても神の池公園が現れないなぁと思ったら、下仁田方面へ下っていたのでした。

途中で気がつき、戻りましたが、30分ロスしてしまいました(涙)


最後の最後に自分のミスで少し疲れましたが、何しろ素晴らしい山でした。

管理人さんの連絡先もお聞きしたので、次回は予め連絡してから再訪しようと思います。

お礼をお渡ししなくちゃ!


神の池公園0827ー(14分)ー一ノ鳥居0841ー(9分)ー茂垣峠0850ー(35分)ーベンチ0925(5分休憩)ー(10分)ー鞍部0940ー(12分)ー稲含神社0952(9分休憩)ー(5分)ー稲含山山頂1006(59分休憩)ー(37分)ー茂垣峠1142ー(27分)ー峠駐車場1219ー(30分のロスを除くと9分)ー神の池公園1228


全行程 4時間1分

(歩行時間 2時間38分(30分のロスを除く))

標高差 367M(1003M~1370M)

パーティー 3名(やまみほ、ターボ、衛生兵)

行程図

【埼玉】長瀞アルプス(宝登山) 2017年11月25日(土)

メイちゃん山岳会のメンバーがようやく顔を揃えて山歩きに出掛けました。

今回は近場の長瀞アルプスを歩きます。


住宅街の中にある万福寺の横が登山口です。

まずは登山口のベンチで記念撮影。

歩き初めは針葉樹の中の沢沿いの道です。

やがて雑木林となり、急な坂を一登りで稜線へ出ます。


落ち葉の降り積もったフカフカの尾根道をおしゃべりしなが進みます。

コナラやブナの森がとてもきれいです。


天狗山への分岐まではじわじわとした登りが続きます。

汗をかいたので小休止をしましたが、そこで友人が携帯電話を落とすというハプニングがあり途中引き返したりしたので、少し時間をロスしました。

緩やかなアップダウンを繰り返し、氷池分岐を過ぎると野上峠です。

野上峠もその先の小鳥峠も標識はありますが、山を越える峠道は荒れていて進入禁止のロープが張られています。


途中蛇紋岩が崩れた場所があり、子供たちが小さかったころ、よく道路に絵を描いて遊んだ「ろうせき」が沢山落ちていました。


樹林の間から宝登山が見え始めます。


小鳥峠からは5分程で林道に出ます。


林道を右に緩やかに登っていくと、まもなく左手に登山道が現れます。


宝登山神社の裏参道です。

雑木林の中に真っ直ぐに伸びる木製の階段は、途中左に折れて続きます。

200段ある心臓破りの急坂です。


25分程で広い宝登山山頂に着きます。


山頂からは南西方向の眺望が素晴らしいです。

武甲山はもちろん、両神山、甲武信岳、破風山、和名倉山と、奥秩父の峰々を一望できます。

手書きの案内板を見ながら山座同定を楽しみました。

木陰で温かいランチタイムです。

そこにはホコリタケがありました。

山頂で一時間ほど過ごし、下山を開始します。


ロウバイ園の中を通ります。

花はありませんが、黄色い葉っぱのロウバイもなかなかきれいです。


5分で奥宮に着きます。

日本武尊のゆかりの神社だそうです。

いつもは薄暗い森の中にたつ小さな祠ですが、今はモミジの赤やオレンジで境内は明るく彩られています。

友人のひいたおみくじは「大吉」でした(^-^)


奥宮の鳥居をくぐり、石段を下って行きます。

両側から緑や赤の葉が生い茂り、トンネルになっています。


その後は砂利道を行きます。


動物園分岐付近からは北東方面の展望が得られます。

男体山などの日光連山、日光白根山、赤城山、谷川岳などを見ることができました。


道の周辺にはいくつもの企業や団体が植樹をしています。

それらの木が大きくなると、更に素敵な遊歩道になることでしょう。

一時間弱で宝登山神社境内に出ます。

茶店でコーヒーとみそポテトを頂き、しばし観光客を眺めて過ごしました。

ブラタモリと眞子さまお忍びデートの影響か、お正月を思わせる人出です。


まだ体力に余裕があったので、長瀞河原を見学してから、桜並木をひと駅分歩いて駐車場に戻りした。


次にメイちゃん山岳会で出掛けられるのはいつかな?

楽しみです(^-^)v


駐車場0938ー(14分)ー万福寺(登山口)0952ー(17分)ー尾根道1009ー(1時間18分)ー小鳥峠1117ー(3分)ー林道1120ー(15分)ー裏参道入口1135ー(25分)ー宝登山山頂1200(1時間5分休憩)ー(5分)ー宝登山神社奥宮1310(10分休憩)ー(54分)ー宝登山神社1414(36分)ー荒川岩畳1505(13分見学)ー(37分)ー駐車場1555


全行程 6時間17分

(うち歩行時間 4時間23分)

標高差 357M(140M~497M)

歩数 21100歩

歩行距離 14、7㎞

パーティー 4名(メイちゃん山岳会)

行程図