50代からのお気楽山登り

これから山登りを始めようと思う方、ハードな山は無理だけど山歩きを楽しみたいという方に参考にして頂けたらと思います。山行記録と写真、行程図のイラストを載せています。

【埼玉】中間平~皇鈴山 2017年11月19日

今年の春に訪れた際、新緑の眩しさに圧倒され、カエデやモミジが多いことを知ったので、必ず秋に再訪しようと思っていました。

今回は初参加の友人(ピカ☆ンチ)も一緒です。


葉が落ちた木も多かったのですが、モミジは深紅、赤、オレンジ、ピンク、黄色、緑と多彩で、想像を上回る美しさでした。

朝日の差すなか、薄暗い朝の公園内を写真を撮りながらゆっくり歩きます。

途中ススキの向こうに風布の里が見えました。


15分程で公園の森を抜けると、しばらくは車道歩きとなります。

アスファルトの道ですが、かなり傷んでいてデコボコしています。

道の両側には落ち葉の絨毯が深いです。

竹林、ヒノキ、ブナなどの広葉樹、イチョウやモミジの大木などが車道脇に続き、退屈な車道歩きに彩りを添えてくれます。

モミジの大木近くで、キツツキの幹をたたく音が響いていました。


40分程で釜伏峠に到着です。

正面に進むと皆野方面、左に行くと皇鈴山方面になります。

濃い赤色のモミジがあり、この峠はいつ来ても素敵な雰囲気です。


車道脇にはブナ林やヒノキの森がありますが、所々で見晴らしの良い場所があります。

両神山、甲武信岳、破風山、和名倉山、雲取山などの、奥秩父の名だたる峰々を一望できます。

今日はしばらく車道を歩き、皇鈴山南側の登山口を目指します。


そこには春にモミジの大木を見つけていたので、その紅葉を見ることが目的のひとつなのです。


車ならわずかなのに、歩くとなかなかの距離です。

釜伏峠から約一時間でようやくモミジの大木に再会できました。



紅葉半ばというところで、内側にはまだ緑の葉をつけています。

下から見上げると、太い幹のような枝が南側に張りだし、ウネウネと血管のように広がっています。

外側に行くほど赤くなり、グラデーションが美しい。


登山道に入り、落ち葉を踏みしめながら急な坂を登り、二度ピークを越えて、最後に長い階段を登ると、広い皇鈴山山頂に着きます。

森の紅葉は終わり、すでに冬枯れの景色です。


広場西側のあずまやでランチにしました。

目の前に箕山が見えます。


春に来たときには気が付かなかったのですが、東側に広い展望台がありました。

山頂に着いたとき、右手に車が停まっていて、東側に車道が繋がっていることに初めて気付いたのです。


ベンチに座って関東平野を一望します。

左から赤城山、男体山、筑波山、右手にさいたま新都心やスカイツリーまで見ることができて、驚きました。

しばらく眺めを楽しんだあと、再び中間平まで車道を戻ります。


お日様が高くなり、光を浴びた中間平のモミジたちは、行きの時の何倍も美しく見えます。

お寺などの手入れが行き届いたモミジとは異なり、生命力溢れるその姿は圧巻です。

まるでモミジの赤い嵐に飲み込まれたような感覚になります。


今回も楽勝コースのはずが、意外と距離があり、よく歩きました。

くたびれはしましたが、地元寄居の知られざる名所を独り占めした気分で、楽しい秋の一日となりました。


中間平駐車場0910ー(18分)ー公園出口0928ー(42分)ー釜伏峠1010ー(59分)ー皇鈴山登山口(大モミジ)1109ー(18分)ー皇鈴山山頂1137(1時間3分休憩)ー(38分)ー釜伏峠1318ー(33分)ー公園入口1351ー(19分)ー中間平駐車場


全行程 5時間

(うち歩行時間 3時間47分)

標高差 329M(350M~679M)

歩数 19900歩

歩行距離 13、9㎞

パーティー 4名(やまみほ、ターボ、当番長、ピカ☆ンチ)


行程図

【長野】湯の平~Jバンド(浅間山) 2017年11月5日(日)

10月初めに浅間山外輪山の黒斑山と蛇骨岳に登り、その大展望に感激したので、今度は真下に見えた湯ノ平を歩き、下から浅間山と外輪山を見上げてみよう!と思い立ちました。


今回は標高1412Mの浅間山荘から出発です。

登山道入口には「浅間山六合目」の標識があります。

蛇掘川沿いに落ち葉の道を進みます。

このコースは登山者が少ないのか、倒木や嵐で折れた枝が沢山あります。

紅葉の盛りは日本列島を台風が通過している間に終わってしまい、カラマツもすっかり葉を落としています。

一ノ鳥居を過ぎ小さな沢を渡ると、長い長い登りとなります。

その名も長坂です。

右手に見える剣ヶ峰からの尾根は葉を落としたダケカンバがまるで墨絵のように見えます。

まもなく二ノ鳥居に着きます。

一ノ鳥居と同じく、とても素朴な佇まいで、冬枯れの森に溶け込んでいます。

坂はまだまだ続きます。

二ノ鳥居からは一時間弱でようやくカモシカ平に出ます。

カモシカの出現が多い場所なのだそうです。

この辺りに来ると視界がひらけ、左手に槍ヶ鞘からのびる巨大な岩稜、やがて前方右手に牙山が見えてきます。

進む度に見る角度が変わり、どんどん岩壁が近くなってきて、その巨大さと異様な雰囲気に圧倒されます。

朝日が当たらず薄暗い牙山はなんとも不気味です。

トーミの頭が間近になると、頂きに立つハイカーの姿が小さく見えました。


途中の道から白い雪の筋が縦に走った浅間山が見え、今日も雲がかかっていないことを確認して、皆で歓声をあげました。

カモシカ平から30分程で辺りに硫黄の匂いが漂い始めます。蛇掘川の源流は有毒ガスが発生しています。

川底は茶色か、光の具合でオレンジ色にも見え、異様な景観です。

周囲は植物が生えない荒れ地になっています。

立ち入り禁止のロープがあり、転がらないように気をつけて足早に通過します。

谷を越えるとすぐに火山館に到着です。

二つの鳥居(火山館脇には浅間神社が建っています)の脇に防災サイレンが立っており、活火山なのだと実感します。

火山館の前の手洗い場には可愛い氷ができていました。

バイオトイレをお借りし、火山館の裏から再び森へ入っていきます。

草すべり分岐までは10分程です。

左手にトーミの頭と、そこから下る草すべりルートを見ることができます。

ここを草すべり方面へ行き、右に回って外輪山直下の湿原方面へ行くルートがあったのかもしれません。

先まで行ってみなかったので、次回の楽しみに取っておきます。

途中、クリスマスツリーのような立派なもみの木がありました。

今日はJバンド方面へ真っ直ぐ進みます。

モミやコメツガの森には少し雪が残っていました。

前掛山分岐には立ち入り禁止のロープが張られています。

今日の火山活動レベルは前回と同じレベル2です。

そこから更に25分程森を行くと、やがてコメツガからカラマツの森に変わり、葉を落とした樹間から外輪山や浅間山が見えるようになってきます。

間近に見る浅間山は想像通りの存在感です。

今日も雲ひとつない快晴。

山腹の岩や石のひとつひとつ、外輪山の溶岩地層など、はっきりと見ることができました。

いつまでも見ていたい景観ですが、冷たい風が吹いてきたので先に進みます。


進む毎に角度を変えて、360度の大展望を楽しめます。

カメラを持ってグルグル回りました。

賽の河原は溶岩が固まったような岩がゴロゴロしています。

前掛山へ向かう登山道も見えますが、今日はレベル2なので、登山者はいません。


ピークを越えて更に行くと、浅間山の稜線が長く伸び、鬼押し出しの始まり部分もわずかに確認できました。

前方にはこれから向かうJバンドの岩壁が見えてきました。

Jバンドを上まで登って浅間山を横から眺めたいところでしたが、今日は風が強くて稜線はとても寒いだろうと思い、Jバンド中腹でお昼休憩としました。

Jバンドという名から、とんでもない危険な急坂を想像していましたが、実際歩いてみるとそれほど大変ではなく、難なく中腹まで行けました。


鋸岳の屏風のような岩壁が風避けになるのか、中腹はあまり風がなく、快適に過ごせました。

上から下ってきた人に聞くと、稜線は強風で、とても長居はできないのだそうです。

中腹で正解でした。

中腹から湯ノ平を眺めると、大きな岩陰で休む人がいました。

下もやはり風が強いようです。

浅間山を見ながらランチしていると、何度も定期的に山頂より噴煙が立ち昇っていました。


体が冷えてきたので活動再開です。

風が冷たい湯ノ平を足早に下り、再び森に入っていきます。

帰り道では牙山に日が当たり奇妙な形がよく分かりました。

来た道を戻り、二ノ鳥居からは往路では通らなかった急坂を下り、不動ノ滝にたちよりました。

水量が多く、二段になった滝からはゴーゴーと音をたてて水が流れ、美しい沢になって緩やかに下っていきます。

滝から40分程で長かった下りも終わり、浅間山荘に帰りつきました。


今回は高い山に登らないので楽勝だ!と思っていましたが、よく考えてみると、浅間山荘の標高が低いので、標高差もあり、歩く距離も結構長くて大変でした。


次回は車坂峠からトーミの頭に行き、草すべりを下って湯の平の湿原付近を横断し、Jバンドを登って外輪山を回ってくるルートがいいかなと思います。


浅間山荘0700ー(42分)ー一ノ鳥居0742ー(36分)ー二ノ鳥居0818ー(55分)ーカモシカ平0913ー(37分)ー火山館0950(11分休憩)ー(10分)ー草すべり分岐1011ー(25分)ー前掛山分岐1036ー(34分)ーJバンド下部1110ー(10分)ーJバンド中腹1120(32分休憩)ー(29分)ー前掛山分岐1221ー(17分)ー草すべり分岐1238ー(11分)ー火山館1249(11分休憩)ー(15分)ーカモシカ平1315ー(32分)ー二ノ鳥居1347ー(10分)ー不動ノ滝1357ー(17分)ー一ノ鳥居1414ー(26分)ー浅間山荘1440


全行程 7時間40分

(うち歩行時間 6時間46分)

標高差 818M

歩数 22300歩

歩行距離 15、6㎞

パーティー 3名(やまみほ、ターボ、ハガレーナ)

行程図

【群馬】マチガ沢~一ノ倉沢~幽ノ沢 2017年11月3日(祝)

季節はずれの台風に秋雨前線が刺激され、三週連続で週末雨となり、紅葉シーズンに計画していた山行を何度も断念してきましたが、ついに祝日に秋晴れのチャンスがやって来ました❗


10月半ばまでに訪れる予定にしていた谷川岳の紅葉はあっという間に終わってしまい、山頂はすでに冠雪しています。

せめて下から眺めたいと思い、麓を巡ることにしました。

駐車場へ向かう途中、朝焼けに染まる赤い谷川岳が見え、やっと来れたと嬉しくなりました。


かつて家族と車で通った道は、今は8人乗りの電気シャトルバスしか運行できない静かな遊歩道になっていました。

麓の紅葉は少し盛りを過ぎたあたり。

明るい陽射しに照らされて赤や黄色に輝く広葉樹を見上げながら進みます。


今日は視界が澄んでいて、景色の輪郭がくっきりしています。

対岸の白毛門には朝日が当たり、谷筋を流れる滝の白さが際立ちます。

途中西黒尾根への分岐点があり、グループがいきなりの急坂を元気に登って行きました。

四半世紀前に夫と無謀にも下りでたどったコースです。

そのときの恐怖が思い出されます(涙)


左に大きくカーブすると、最初に現れるのはマチガ沢です。

正面にトマの耳、右にオキの耳を横方向から見る形です。

西黒尾根の急峻なルートもよく分かります。

角度的に沢は斜めから差し込む朝日の影になっているところがありましたが、右側の森は明るく紅葉がきれいでした。


マチガ沢を後にし再び車道を行きます。

明治18年に完成した清水峠道なので、山際には苔むした当時の石垣が残っています。

何度か曲がる道の先、木立の間に朝日岳を見ることもできました。


再び大きく曲がると巨大な岩壁が目に飛び込んできます。

日本三大岩壁のひとつ、一ノ倉沢です。

何度見ても、どの季節に訪れても度肝を抜かれる存在感です。

夏を過ぎ、雪渓は後退してわずかしか残っていませんが、水量は多く、水は清涼です。

朝日が斜めから当たり、幾重にも林立する険しい断崖の影が濃く、より岩の凹凸が際立ちます。

少し奥まで河原を歩いてみましました。

滝のギリギリのところで写真を撮っている人もいました。


一ノ倉沢から先は未舗装の道です。

ぬかるんだ道を落ち葉を踏みしめて進みます。


次の幽ノ沢は少し暗い雰囲気です。

そばにはブナのしずくがあります。

雪の重みで曲がったブナの根元から、甘く冷たい水が沸き出ています。


陽が高くなってきて対岸の朝日連峰が美しく見えます。

男性的な谷川岳とは対照的に、女性的で優美な姿です。

山頂付近は紅葉が終わり白っぽい幹が見えますが、それもまたきれいです。

湯檜曽川の流れもきれいでした。

幽ノ沢から40分程で道は行き止まりとなり、新道へ導かれます。

浮き石がゴロゴロとした上に落ち葉が積もった急な下りなので、転ばないようにゆっくり行きます。


やがて監視小屋が見えてきます。

ここからは湯桧曽川沿いの小道を緩やかに下っていきます。

ブナの巨木や対岸を間近に見て進みます。

かつての旧宿場跡の石垣も残っていました。

マチガ沢を越えると更に川に近づき川のすぐ側を進む予定にしていました。

一端川原に出たので、その後は川原沿いなのだと思っていました。

しかし、どうやら下流で崩壊があったらしく、どこかで通行止めになっていたもよう。

いつの間にか道は登りになっていきます。

急な坂を不思議に思いながら登って行くと、なぜかキャンプ場が現れました。

やがて突然前方がひらけ車道に飛び出します。

そこで初めてマチガ沢沿いの旧道連絡通路だったことを知りました。

そのまま車道を進みます。

土合橋まで行って川沿い新道の入り口封鎖を確認しました。

土合橋から下を覗くときれいな滝を見ることができました。


来年こそは一ノ倉沢を上から眺めたいと思います。


谷川岳ロープウェイ駅0650ー(35分)ーマチガ沢0725ー(28分)ー一ノ倉沢0753(37分休憩)ー(30分)ー幽ノ沢0900ー(39分)ー新道分岐0939ー(16分)ーJR小屋0955ー(26分)ー幽ノ沢(下流)1021ー(14分)ー一ノ倉沢分岐1035ー(8分)ー一ノ倉沢(下流)1043ー(52分)ーマチガ沢(車道)1135ー(40分)ー駐車場1215


全行程 5時間25分

(うち歩行時間 4時間48分)

標高差 226M(677M~903M)

歩数 23700歩

歩行距離 16、5㎞

パーティー 2名(やまみほ、ターボ)

行程図