50代からのお気楽山登り

これから山登りを始めようと思う方、ハードな山は無理だけど山歩きを楽しみたいという方に参考にして頂けたらと思います。山行記録と写真、行程図のイラストを載せています。

【埼玉】中間平~皇鈴山 2017年11月19日

今年の春に訪れた際、新緑の眩しさに圧倒され、カエデやモミジが多いことを知ったので、必ず秋に再訪しようと思っていました。

今回は初参加の友人(ピカ☆ンチ)も一緒です。


葉が落ちた木も多かったのですが、モミジは深紅、赤、オレンジ、ピンク、黄色、緑と多彩で、想像を上回る美しさでした。

朝日の差すなか、薄暗い朝の公園内を写真を撮りながらゆっくり歩きます。

途中ススキの向こうに風布の里が見えました。


15分程で公園の森を抜けると、しばらくは車道歩きとなります。

アスファルトの道ですが、かなり傷んでいてデコボコしています。

道の両側には落ち葉の絨毯が深いです。

竹林、ヒノキ、ブナなどの広葉樹、イチョウやモミジの大木などが車道脇に続き、退屈な車道歩きに彩りを添えてくれます。

モミジの大木近くで、キツツキの幹をたたく音が響いていました。


40分程で釜伏峠に到着です。

正面に進むと皆野方面、左に行くと皇鈴山方面になります。

濃い赤色のモミジがあり、この峠はいつ来ても素敵な雰囲気です。


車道脇にはブナ林やヒノキの森がありますが、所々で見晴らしの良い場所があります。

両神山、甲武信岳、破風山、和名倉山、雲取山などの、奥秩父の名だたる峰々を一望できます。

今日はしばらく車道を歩き、皇鈴山南側の登山口を目指します。


そこには春にモミジの大木を見つけていたので、その紅葉を見ることが目的のひとつなのです。


車ならわずかなのに、歩くとなかなかの距離です。

釜伏峠から約一時間でようやくモミジの大木に再会できました。



紅葉半ばというところで、内側にはまだ緑の葉をつけています。

下から見上げると、太い幹のような枝が南側に張りだし、ウネウネと血管のように広がっています。

外側に行くほど赤くなり、グラデーションが美しい。


登山道に入り、落ち葉を踏みしめながら急な坂を登り、二度ピークを越えて、最後に長い階段を登ると、広い皇鈴山山頂に着きます。

森の紅葉は終わり、すでに冬枯れの景色です。


広場西側のあずまやでランチにしました。

目の前に箕山が見えます。


春に来たときには気が付かなかったのですが、東側に広い展望台がありました。

山頂に着いたとき、右手に車が停まっていて、東側に車道が繋がっていることに初めて気付いたのです。


ベンチに座って関東平野を一望します。

左から赤城山、男体山、筑波山、右手にさいたま新都心やスカイツリーまで見ることができて、驚きました。

しばらく眺めを楽しんだあと、再び中間平まで車道を戻ります。


お日様が高くなり、光を浴びた中間平のモミジたちは、行きの時の何倍も美しく見えます。

お寺などの手入れが行き届いたモミジとは異なり、生命力溢れるその姿は圧巻です。

まるでモミジの赤い嵐に飲み込まれたような感覚になります。


今回も楽勝コースのはずが、意外と距離があり、よく歩きました。

くたびれはしましたが、地元寄居の知られざる名所を独り占めした気分で、楽しい秋の一日となりました。


中間平駐車場0910ー(18分)ー公園出口0928ー(42分)ー釜伏峠1010ー(59分)ー皇鈴山登山口(大モミジ)1109ー(18分)ー皇鈴山山頂1137(1時間3分休憩)ー(38分)ー釜伏峠1318ー(33分)ー公園入口1351ー(19分)ー中間平駐車場


全行程 5時間

(うち歩行時間 3時間47分)

標高差 329M(350M~679M)

歩数 19900歩

歩行距離 13、9㎞

パーティー 4名(やまみほ、ターボ、当番長、ピカ☆ンチ)


行程図

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。