50代からのお気楽山登り

これから山登りを始めようと思う方、ハードな山は無理だけど山歩きを楽しみたいという方に参考にして頂けたらと思います。山行記録と写真、行程図のイラスト、私なりの難易度を載せています。

【長野、小諸】湯ノ丸山~烏帽子岳 2017年7月8日(土)

《登山難易度3》

梅雨の晴れ間。

下界は気温39度にもなったこの日、湯ノ丸高原には爽やかな風が吹いていました。


地蔵峠に車を停め、スキー場の斜面を登って行きます。


陽射しが強い中での直登はすぐに汗が吹き出します。

息を整えながら振り返ると、スキー場や、その向こうに池の平や篭ノ登山の雄大な景色が見え、とても気持ちが良いです。

20分程で斜面を登りきり、針葉樹の並木の間を進みます。

ほどなくツツジ平へ。

ツツジ祭りは終わったばかりで、花の名残が少しだけ見られました。

山頂の双耳峰が見える位置にたつ湯ノ丸高原の道標や遭難防止の鐘を過ぎると、山道へ入って行きます。

ツツジ、シャクナゲ、ドウダンなどの低木の中をぐんぐん登ります。

振り返ると多くの山並みがさえぎるものなく見渡せ感動です。


やがて低木を抜け石がゴロゴロし始めると、なだらかな丘のような山頂が再び現れます。

小さな高山植物をカメラにおさめながら、ほんの一息で湯ノ丸山南峰に到着です。

石を敷き詰めたような平らで広い山頂は、多くのハイカーで賑わっていました。

文句なしの360度の大パノラマ❗

信州の優しい峰々がぐるり見渡せます。

これから登る烏帽子岳の特徴的な頂きも間近に見えます。


双耳峰のもうひとつ北峰へ尾根道を進みます。

北峰は足場の悪い岩が積み重なったところで、ゆっくりするスペースはありません。

折り返し南峰を経て、烏帽子岳へ。


急な下りは浮き石が多くて結構危険なので、慎重の上にも慎重に下って行きました。

霧が湧き出る谷すじだからか、湿気が多く少し蒸し暑い。

花を見つけながら下りましたが、なかなかに長く辛い、気を使う下りでした。

40分かけてようやく鞍部へ出ました。

左にカラマツ林、右に笹原の丸い広場には石のベンチが置かれ、多くのハイカーがおしゃべりしていました。

烏帽子岳への登りは笹原を切り開いたジグザグの道です。

30分で尾根に出ます。

ここからも大展望で、思わず歓声が上がります。

正面に突然現れる上田市の町並み。

背後には湧き出る雲の向こうにまあるい湯ノ丸山。

右には黒い尾根道が伸び、すぐそこに頂が見えます。

張り切って歩を進めました。

が、しかし!


山頂だと信じて登った頂の向こうには更なる高みが!


ここは小烏帽子岳という名で、別名偽烏帽子(笑)


私たちが「え~!山頂じゃないの~!」と叫んでいると、他のハイカーに「そう思いますよね~⤴️」と言われ、笑い合いました。


更に20分尾根道を行き、ようやく本物の烏帽子岳山頂に到着。


山頂からの眺めは圧倒的な高度感です。

360度の大展望を楽しみながら、お昼休憩をしました。

尾根の周りには笹とツツジの草原が広がり、アルプスを思わせる景観です。

楽しい尾根歩きを体験し、再び鞍部へ。


そこからは分岐を地蔵峠方面へ進みます。

平坦な森の中の道は、ダケカンバやシラカバなどの雑木が美しく、とても心地良かったです。

絶えず鳥のさえずりが聞こえていました。

30分程で次の分岐に着き、階段を下って行くと、白窪湿原の横を通ってキャンプ場に出ます。

車道を少しでスキー場のある地蔵峠に帰りつきました。


今日は全てのポイントから、大展望を楽しむことができ、大満足の山旅となりました。


次は今日見えた池の平と篭ノ登山に行ってみようと思います。


湯の丸スキー場駐車場0830ー(22分)ーリフト終点0852ー(8分)ーツツジ平0900ー(15分)ー遭難防止の鐘0915ー(57分)ー湯ノ丸山南峰1012(23分休憩)ー(11分)ー北峰1046ー(18分)南峰1104ー(41分)ー鞍部1145(17分休憩)ー(30分)ー尾根1232

(4分休憩)ー(11分)ー小烏帽子岳1348ー(22分)ー烏帽子岳1309(26分休憩)ー(13分)ー小烏帽子岳1348ー(12分)ー尾根1400ー(23分)ー鞍部1423(5分休憩)ー(33分)ー分岐1501ー(11分)ー白窪湿原1512ー(16分)ー駐車場1528


全行程 6時間58分

(うち歩行時間 5時間33分)


標高差 374M(1727M~2101M)

パーティー 2名(ターボと)

行程図

【長野、富士見】スズラン満開の入笠山 2017年6月24日(土)

《登山難易度2.5》

梅雨に入り、蒸し暑い日が増えてきました。


今日は涼とすずらんを求めて入笠山に出掛けました。

昨年よりこの季節に訪れたいと楽しみにしていたのです。

初参加の友人(ハガレーナ)も一緒です。


富士見パノラマリゾートのチケット売り場の前は、大型バスからはきだされた観光客やハイカーでいっぱいです。

ここはマウンテンバイクで山肌を駆けおりるコースが整備されているので、自転車を抱えてヘルメットや肘あてなどした自転車乗り(バイカーと言うらしい)も沢山いました。

ワクワクしながら「ゴンドラすずらん」に乗って、731Mを8分かけて一気に登っていきます。

ゴンドラからは八ヶ岳とその麓の雄大な景色が、標高を上げる度どんどん広がっていきます。

下を覗くと、ジグザグコースを猛スピードで走り下るバイカーの迫力に驚きました。

山頂駅からは山野草園を横目に見て、入笠湿原を目指します。

カラマツの森を抜けると突然視界がひらけ、美しい入笠湿原が現れます。

緑の窪地の中央に木道が十字に敷かれ、対岸には赤い屋根の山荘も見えて、メルヘンの世界に迷いこんだみたいです。

湿原を横断し更に小道を進むと、斜面にレンゲツツジの咲く花畑に到着。

花畑の中をジグザグに進むハイカーで渋滞中でした。

これからヤナギラン、クガイソウなどが咲き始めるようですが、今はすずらんが見頃です。

花畑を抜け山道に入って行きます。

途中分岐があるので、今回は岩場コースを行きます。

「岩場コース」という名から想像するよりはるかに易しいコースです。

岩がゴロゴロとした急な坂を15分程登ると、広い山頂に着きます。

ざっと見渡して100人程はいたでしょうか?

多くのハイカーがシートを広げて、360度の展望を楽しみながらお弁当を食べていました。

少し霞んではいるものの、目の前に八ヶ岳を遠く裾野まで見渡せます。

反対側からは南アルプスが見えていたのでしょうか?

人が多くてそちらはチラッとしか見なかったのが悔やまれます。

でも多分霞んでいたかな?

山頂直下の山並みも、森がきれいでため息が出ます。


お昼を食べてから活動再開。

団体の後について行ったら、分岐を見落とし、再び花畑に戻ってしまいました。

予定では山頂直下の分岐を右に行き、首切り登山口の方へ行くつもりだったのですが、、。


仕方がないので、花畑から車道を通って大阿原湿原を目指しました。

山頂で見かけたハイカーに、すれ違う度、これから山頂ですか?と話しかけられ、少し恥ずかしい思いをしました(涙)

八ヶ岳ビューポイント、首切り清水を経て、カラマツの美しい森を眺めながら車道を歩きます。

50分程で大阿原湿原に着きました。

老年期に入っているため乾燥度が高く、ズミやシラカンバなどの樹木が繁っています。

30分程で周遊できる木道などのルートは、整備され歩きやすかったです。

キツツキの開けた穴から、雛の声が聞こえてきました。


最奥部のテイ沢分岐で小休止。

足元を清らかな流れがあり、心地よい水の音がします。

テイ沢源流です。

その後苔むしたシラビソの森を抜け、再び車道を入笠湿原に戻ります。

入笠湿原は、午前中の賑わいはどこへやら。

人気の少なくなった静かな湿原の階段をゆっくり登ってみると、朝は気がつかなかったすずらんが恥ずかしそうに下を向いて咲いていました。

120万本のすずらんです。

坂を登っていき、森が近づいてくると、ふと辺りがすずらんの香りに包まれていることに気がつきます。

ああ確かに最盛期なのだと実感しました。

帰りに山野草園に立ち寄る予定でしたが、道を間違えて時間をロスしたので、今日はこのままゴンドラに乗って下山しました。

高山でパンパンにむくんだ手に、ゴンドラで渡された蒸しタオルが気持ちよかった~⤴️


麓駅で特産のルバーブアイスを食べながら、今日の思い出を語り合いました。


季節を変えてまた訪れてみたいと思いました。


山麓駅1042ー(ゴンドラ8分)ー山頂駅1051ー(14分)ー入笠湿原1105(9分見学)ー(10分)ー花畑1124ー(22分)ー分岐1146ー(15分)ー入笠山山頂1201(34分休憩)ー(25分)ーマナスル山荘1300ー(21分)ー八ヶ岳ビューポイント1321ー(12分)ー首切り登山口1333ー(16分)ー大阿原湿原1349ー(37分)ーテイ沢分岐1412(10分休憩)ー(14分)ー湿原出口1436ー(44分)ー入笠湿原1520(10分見学)ー(15分)ー山頂駅1545(10分休憩)ー(ゴンドラ8分)ー山麓駅1603


全行程 5時間21分

(うち歩行時間 4時間5分)


標高差 221M(1734M~1955M)

パーティー 3名(コマクサ探険隊)

行程図

【埼玉、小川】官ノ倉山 2017年5月21日(日)

《登山難易度1》

外秩父七峰を巡った春の山行の締めくくりは、小川町の官ノ倉山です。

子供達が小さかった頃、親子5人で登った思い出の山です。


東武竹沢駅周辺には駐車場がないため、酒屋さんの駐車場に許可を頂き車を停めました。


この日は気温30度になる予報だったので、早朝6時半から歩き出しました。

木部の集落を行くと、前方に目指す官ノ倉山と石尊山のラクダのコブが見えてきます。


30分程歩くと、日、月、星を祀る三光神社に着きます。

高さ35メートルの大杉からはみなぎる生命力を感じます。

あずまやのある天正沼からは山道になります。

沢沿いの杉の林を登って行きます。


登りが急になると、蒸し暑さを感じました。

美しい植林帯を、大量に汗をかきながら登りました。

25分程で小広い官ノ倉峠に着きます。

美しい林で、かつてここのベンチで休んだような記憶が、、。

朝の散歩にやってきた地元のおじさんに何人も行き合いました。


かなり汗をかきましたが、尾根は少し風が通って涼しく感じます。

根の張り出した急坂を行き、官ノ倉山山頂に着きます。

展望がよい山頂にはベンチもあり、ゆっくり休むことができます。

秩父高原牧場や大霧山などの東秩父の山並みが見え、正面には次に向かう石尊山がすぐそこに見えます。


石尊山に向け出発。

距離は短いのですが、ガレて滑りやすい道です。


鞍部で安戸集落への道を分け、登り返すとすぐに石尊山山頂に着きます。

少し森の中の稜線を歩き、石のある山頂部に出ます。

360度の展望です。

石の祠があり、雰囲気が良いのです。

ゆっくり展望を楽しみたいところですが、何しろ陽射しが眩しく日陰が無いのですぐに下山しました。

長い鎖場を下ります。

雨の後はすべるので注意が必要です。

しばらく行くと木立の根本に大きなシダのはえた美しい道になります。

北向不動です。

笠原の集落を通って国道254に出ると、酷暑の中30分程歩いて10時前には車に戻りました。


気温30度予報での国道歩きはきつい❗(涙)


でもこれで、外秩父七峰制覇です(^-^)v


駐車場0627ー(28分)ー三光神社0655ー(11分)ー天正池0706ー(24分)ー官ノ倉峠0730ー(10分)ー官ノ倉山山頂0740(26分休憩)ー(9分)ー鞍部0815ー(11分)ー石尊山0826ー(39分)ー北向不動0905ー(13分)ー笠原集落0918ー(17分)ー国道254号0935ー(13分)ー駐車場0948


全行程 3時間21分

(うち歩行時間 2時間55分)

標高差 228M(116M~344M)

歩数 12400歩

歩行距離 8、6㎞

パーティー 2名(ターボと)

行程図