50代からのお気楽山登り

これから山登りを始めようと思う方、ハードな山は無理だけど山歩きを楽しみたいという方に参考にして頂けたらと思います。山行記録と写真、行程図のイラスト、私なりの難易度を載せています。

【群馬、赤城】鍋割山で初の雪道歩き 2018年1月9日(火)

《登山難易度2》

久しぶりの休みが取れた夫に合わせて私も仕事をお休みし、四半世紀ぶりに二人で山に出掛けました。


積雪期の山に登ってみたいと思っていたので、雪の鍋割山です。

色んな方のブログをチェックすると結構雪が積もっていて、霧氷なども見られると期待に胸をふくらませていました!


が、今日は関東は気温17度と昨日より9度も上がってポカポカ陽気。

どうなるでしょうか??


おろしたての軽アイゼンを装着し、姫百合駐車場からスタートです。


雑木林の中の、少しだけ雪の積もった木段を登っていきます。

凍っている所もありますが、軽アイゼンの効果は抜群。

ガッチリ歯が食い込んで、全く滑りません。

やがて薄暗いヒノキの植林帯となり、ふれあいの十字路に着くと、朝日が当たり始めました。

木立からこれから向かう鍋割山のどっしりとした山腹が見えます。


再び雑木林になると、徐々に岩が増えてきて、岩の間をジグザグに登る急坂で一気に汗をかきます。


美しい岩の連なりだと思ったら、そこは荒山風穴でした。

穴から流れ出る風(今日はのぞいてみましたが何も感じず)の出口に温度計があり、気温は1度でした。


そこからわずかで荒山高原に到着です。

鍋割山と荒山を左右に見渡せる広い鞍部で、黒い泥炭の中に浮島のように草が生えてドウダンツツジが沢山ありました。


ここから荒山に行くか(今日は荒山方面へも踏み跡がありました)、鍋割山に行くか少し迷いましたが、無理しないように予定通り鍋割山に向かいます。

荒山の向こう側からはゴーゴーと強い風の音が聞こえてきますが、鍋割山への道は風がなく穏やかです。


途中の道から筑波山や赤城山南面が墨絵のように美しく見えました。


まもなく尾根に出ます❗


昨日の麓で降った雨が山では雪だったとしたら新雪歩きが出来るかも!?という淡い期待を抱いていましたが、見事に打ち砕かれ、尾根の雪はとけて(昨日は麓と同じく雨だったのでしょう(涙))ぬかるんでいるところが沢山ありました。


泥炭がついた靴で歩いて汚れていましたが、サクサクの雪歩きを体験できる箇所もいくらかあり、その感触を楽しみました。

左手には関東平野、右手には上越国境の山々、右前方にはいつも見ている角度とは全く違う榛名山塊。

最高の展望です。


1㎞ちょっとの尾根歩きは、火起山、竈山という、お鍋にまつわる名前のピークを過ぎ、鞍部から登り返して鍋割山山頂に着きます。


岩がゴツゴツしていますが、横長に広い山頂は南方向の眺めがよく、南西面は茅が切り込まれた見晴らしのよい斜面でベンチもありました。


山頂からは更に近くに榛名山、その向こうに浅間山、荒船山や妙義山などの西上州の山々、雲取山などの奥秩父の峰々、そしてドでかい関東平野が見渡せます。

風もなく暖かかったので、一時間ほどのんびり景色を楽しみました。


上越国境方面から黒い雲が流れてきました。

そろそろ出発します。


再び来た道を戻ります。

黒い雲の向こうに見える上越国境の山々は雪に煙り、寒そうです。



今日はずっと好天に恵まれましたが、ヒノキの植林帯に入ってから小さな霰が降ってきました。

尾根で風に吹かれる事もなく、森に入ってから美しい霰の粒を見ることができて、なんだか嬉しくなりました。


途中あった展望の写真を見ると、今日は霞んでいたり雲に隠れていたりした遠くの山もクリアーに見える事があるのでしょう。


とても歩きやすく、展望抜群のいい山でした。


再訪します!

あと、雪道チャレンジ、この冬の間にやりたいです(^-^)v


姫百合駐車場0855ー(26分)ーふれあいの十字路0921ー(22分)ー荒山風穴0943ー(11分)ー荒山高原0954(11分休憩)ー(12分)ー尾根1017ー(16分)ー火起山1033ー(9分)ー竈山1042ー(23分)ー鍋割山山頂1105(59分休憩)ー(24分)ー竈山1228ー(7分)ー火起山1235ー(10分)ー尾根終わり1245ー(11分)ー荒山高原1256ー(8分)ー荒山風穴1304ー(12分)ーふれあいの十字路1316ー(16分)ー姫百合駐車場1332


全行程 4時間37分

(うち歩行時間 3時間27分)

標高差 307M(1025M~1332M)

パーティー 2名(夫と)

行程図

【埼玉、寄居】鐘撞堂山(初日の出) 2018年元旦

新年初の山歩きは寄居の鐘撞堂山です。

初日の出を見に行ってきました。


今回は谷津池に車を停め、南コースを行きます。


水仙が植えられた歩きやすい山道を懐中電灯で足元を照らしながら登っていきます。

途中からは木段となり、太い木の根が張り出している所もあります。


振り返ると深谷方面の夜景が見えます。


30分程で山頂に着きました。

今年は早く着きすぎたようで、まだ10数人の先客しかいません。

一人づつ鐘をついて記念撮影しました。

まだ6時前です。

日の出まではまだまだ時間があります。


寄居の町の夜景が美しい。

こんな田舎でもこんなに光が溢れているのですね。

今年は戌年なので、うちの番犬「向日葵」も一緒です。


少しづつ人が集まってきました。


毎年甘酒を運んできて、みんなに振る舞ってくださるグループが到着しました。

長い間山頂にいて、体が冷えてきていたので、配って頂いた甘酒が温かくて美味しかったです。


東の空が少しづつ明るくなってきました。

いよいよ初日の出です。

この頃には山頂には100人近い人が集まっていました。


今年初めての太陽はとても大きく、皆で手を挙げてパワーを頂きました。

万歳三唱で年明けです。


来た道を戻りました。

振り返ると山頂の展望台が見えました。


南コース脇にはカタクリの群生地もあるので、春になったらまた同じコースを歩いてみようと思います。


参加者 9名+1匹

【山梨、山中湖】富士山大展望の鉄砲木の頭~高指山 2017年12月9日(土)

《登山難易度2》

一年前に本栖湖畔の竜ヶ岳に登って、その大きさに度肝を抜かれた富士山を、一年ぶりに見に行きました。


今回は山中湖畔の鉄砲木の頭と高指山を巡ります。


カメラマンの撮影スポットとして人気のあるパノラマ台に車を停めて、出発です。

パノラマ台からは既に富士山と南アルプスの大展望。

登らなくてもここで充分な気もしますが、いやいやそこは山ガール(?)としては汗をかいてから見る絶景は一味違うことを知っているのでね(笑)


薄茶色に冬枯れしたカヤトの原を真っ直ぐに登って行きます。

昨日降った雪が今朝の冷え込みで凍っていて、踏むとザクザク音がします。


道の中央が深い溝になっていて歩きにくい所もあるので、滑らないように慎重に足を置きます。


途中何かの鳥の足跡がずっと続き、やがてカヤトの原の中に消えていました。


直登で息が上がり、気温はマイナスだと思いますが、首もとが汗ばんできます。


40分程で広い山頂に到着です。

東側は背の高いカヤトで遮られていますが、他はぐるりと大パノラマです。


山中諏訪神社奥宮があります。

お参りしてから山座同定をしてみました。

雪をかぶった南アルプスの稜線が白銀に輝いています。


パノラマ台からだと手前の山に隠れていた仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳も頭をのぞかせています。


少し体が冷えて来たので、そろそろ次の行動を開始しようと、カヤトの中に道を探していると、丸い山頂の向こう側から茶色い大きな頭が少しづつ現れました。

山梨県のゆるキャラ「武田菱丸」です!


山梨県のPRのために、あの急坂を重そうな体で登って来たのだそうです。

体は犬か熊ですが、足はしっかり登山靴をはいたおじさんの足でした(笑)


一緒に記念撮影してもらいました。


山頂左奥に道を見つけ、高指山に向け歩き出します。


今日はまだ誰もこのコースを歩いていないようで、踏み跡👣がありません。


きれいな新雪を、新鮮な気持ちと少し不安な気持ちで進みます。

獣たちの先客はいたようで、大小様々な動物の足跡🐾がついていました。



雪の道を歩くのは久しぶりなのでワクワクします。

足跡から動物たちの気配を感じられるのは冬の山歩きの楽しみのひとつですね。

落ち葉の上に降った雪の上を歩く感覚は何とも不思議です。

フカフカとザクザク🎶

木立の緩やかな尾根歩きは楽しい!


この尾根は神奈川との県境稜線です。

樹間から時折丹沢の山並みを見ることもできました。


しばらく緩やかな道でしたが、平なピークを越えると急な下り坂になります。


道の中央が大きく削れていて、そこに落ち葉が大量にたまり、さらに雪が積もっているので、足元がとても不安定です。

思いがけなく足がずぼっと埋まったりもするので、注意が必要です。

なるべく溝に入らないように、樹木の根元を歩きました。


小ピークを西側に巻いて行くとやがて切通峠に着きます。

平野からの道と交わりますが、神奈川方面へは道が崩れているらしく通行止めです。


何度かアップダウンし、分岐を二回過ぎると高指山への最後の登りとなります。


思いの外急登で、一気に汗をかきました。

樹木の間から角度を変えて富士山が見えてきます。


20分程でカヤトの間から空がひらけ、高指山山頂に飛び出します。


細長い山頂の奥に山頂標識とベンチがありますが、展望に乏しいのと、人の多さに、手前のカヤトを切り開いた傾斜地でお昼休憩にしました。


南アルプスは手前の山にほぼ隠れてしまいましたが、目の前に富士山が見え、山中湖は鯨の尾びれまで見えます。

白鳥の形の遊覧船が静かな湖面をすべる様を見ながら、温かいスープやおでんで疲れを取りました。

気温は低いはずですが、風がなく穏やかで、とても暖かく感じます。


食事を済ませると、目の前のカヤトの中の急斜面を転がりそうになりながら下って行きます。


山頂直下の分岐で振り返ると、カヤトや低木に縁取られた可愛らしい高指山の山頂部が見えました。


分岐を過ぎると、まもなく左手に木の柵が現れます。


別荘地帯で、森の中に静かな山荘が建っていました。

夏は賑わうのでしょうか?


左手後方を見ると、今日歩いた稜線を見渡すことができました。


分岐から30分程で車道歩きとなります。

初めは平らな道ですが、やがてパノラマ台へ向けての登り坂となり、一日歩いて疲れた足には、少々長く感じられました。


ようやくパノラマ台に戻ってきたら、朝は静かだった駐車場が、多くの観光客で賑わっていました。


帰りに山中湖畔に降りて少し休みましたが、山中湖から見ると鉄砲木の頭はすごく分かりやすいです。


とてもいい山でした!

次回は三国山の方に回ってみようかな?


パノラマ台0847ー(38分)ー鉄砲木の頭山頂0925(17分休憩)ー(18分)ー小ピーク1000ー(25分)ー小ピーク西側1025ー(9分)ー切通峠1034ー(9分)ー小ピーク1043ー(6分)ー平野分岐1049ー(5分)ー平野分岐1054ー(20分)ー高指山山頂1114(36分休憩)ー(14分)ー山頂直下分岐1204ー(30分)ー車道1234ー(51分)ーパノラマ台1325


全行程 4時間38分

(うち歩行時間 3時間45分)


標高差 294M(997M~1291M)

歩数 17400歩

歩行距離 12、2㎞

パーティー 4名(コマクサ探険隊)

行程図