50代からのお気楽山登り

これから山登りを始めようと思う方、ハードな山は無理だけど山歩きを楽しみたいという方に参考にして頂けたらと思います。山行記録と写真、行程図のイラストを載せています。

【長野】小浅間山 2017年12月16日(土)

雪をかぶった浅間山の絶景を見たくて、浅間山の中腹にある小浅間山に登りました。


今回は新たな友人二人(MASA45とパチ姫)が加わり、「コマクサ探検隊」のメンバーが8人となりました。


白糸の滝を観光したあと、峰の茶屋の駐車場に車を停めて出発です。


(注意)

駐車料金1000円とあったので、お支払いしようと茶店へ行ってみたのですが、お店が閉まっていて支払いできませんでした。

帰る時に車のワイパーに「ここは私有地なので駐車禁止です。次回は停めないで下さい。」という貼り紙がありました。

どうやらご迷惑をおかけしてしまったようです。

本来停めるべきは道路の反対側か、トイレの前のスペースだったのだと思います。


とは言え、今日はそうとは知らず、峰の茶屋駐車場から歩き始めます。

道路からは浅間山とその左に小さな小浅間山を見ることができます。


美しい雑木林の緩やかな道を登って行きます。


雪が1~2センチ積もっていて、更に楽しいハイキングです。


40分程で山頂直下の分岐(馬返し分岐)に着きます。


左手には浅間山へ登る道が見えますが、現在は進入禁止です。


右手の茶色い砂れきの道を進みます。


砂れき地は滑りやすく足を取られるので、少し登りにくいです。


この辺りから風が強くなってきました。

樹木がなく見通しが良いので、軽井沢方面がよく見えます。

振り返ると浅間山が見えてきました!


分岐から10分で小浅間山東峰山頂に到着です。

まあるく広い山頂で、360度の大パノラマです。


猛烈な風が吹いています。

山頂標識も立っていられないようで、寝かせて石で押さえてありました。


目の前には巨大な浅間山の勇姿が、大迫力で迫ってきます。


上州の山並みと上越国境の白い峰々までぐるっと見渡すこともできました。

わずかの時間で登れて、あれだけの絶景を楽しめるとは!


風が強くて長居できずに、北側の樹林帯に退避しました。

木立の中は静かだったので、少しお茶休憩しました。


その後樹木の奥に行ってみると、可愛いウサギの足跡が新雪の上についていました。


更に浅間山を近くから見たいと思い、西峰に向かいます。


樹林帯からそのまま尾根伝いに行けるかと思いましたが、道が不鮮明だったので諦め、もと来た道を戻ります。

鞍部から登り返しました。

西峰への登りは更に急坂で、ガレた土は滑りやすく、大変でした。

ストックと周りの枝など使いなんとかのぼりました。


西峰からは浅間山の北側、鬼押出しの始まり部分まで見えます。


目を転じると、上越国境の山々がまるっと見渡せます。

山座同定がうまくできなくて、はっきり山名はわかりませんでした。

何しろ風が強くて、立っているのもやっとの状況でした。


崩れやすい斜面を転がらないよう気をつけて下り、小浅間山を後にしました。



また季節を変えて訪れたい山です。


帰りは軽井沢のオシャレなカフェでランチを楽しむこともできました。

(そのカフェで友人に教わりながらこのブログを開設しました!)

今度山に連れていってね~✨と言ってくれる山初心者の友達を最初にお連れするには最適な山だと思いました(^-^)v


登山口1030ー(38分)ー山頂直下の分岐1108ー(17分)ー小浅間山東峰1125(30分休憩)ー(20分)ー西峰1215(8分休憩)ー(11分)ー分岐1234ー(30分)ー登山口1304


全行程2時間29分(うち歩行時間1時間56分)

標高差 255M(1400M~1655M)

歩数 11800歩

歩行距離 8、2㎞

パーティー 4名(やまみほ、ターボ、MASA45、パチ姫)

行程図

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。